「受注歩留率」視点の住宅営業政策へ転換

住宅市場を俯瞰してみれば、人口の漸減に歯止めがかからず、お客様の所得も横ばい、空家率13.6%で住宅が余っているというのが現実の「縮みつつある市場」です。
この環境で住宅を新たに建てようとお考えの「新規来場者が減少する」のは当然です。

新規来場者が減少したからと宣伝媒体にSNSも加えたところで、従来発想の広告訴求では来場者の増加は期待できません。
また、いつもの接客と営業内容でお客様と対応しても受注は上がらないと思います。
ところが、受注が上がらない原因は「来場者数の減少」ということで自己納得してしまい「集客減だから受注減、現状維持ならましな方」という「発想の負のループ」に入ってしまいます。

「集客」と「営業方法」の発想転換が必要です。

集客と営業は量から質へ

「自社の狙いの客層の暮らしを触発」する「新規来場者の質を伴った『集客イベント』で集客」と「このイベントへ来場されたお客様を100%受注(資金計画さえ合えば)」する「暮らし触発営業」という営業政策そのものが、「量から質へ」の発想転換が必要な時期に差し掛かっています。

「ときめきの暮らしに気づく」集客イベント

「ときめきの暮らしに気づく」という発想の集客策は、お客様にとって住宅購入は「住宅というハコ」という「モノ」を購入することなのかという「本質的な問い」を含んでいます。
つまりお客様が生涯に亘って「ときめく暮らしを実現」するために「住宅へ投資」することこそが「本質の住まいづくり」という視点の集客策です。

「モノ」から「コト」へと集客の視点を変えて、こんな暮らしが実現できるという「暮らしが見える」触発イベントを企画します。

女子力の高い社員を中心にイベント企画を進めます。
女子力が高いのは、必ずしも女性だけではありません。
女子力の高い男性も多くいらっしゃいます。
そういう意味では確かにジェンダーレスの社会は当たり前化しています。
「暮らしの見える」触発イベント企画は社内の隠れた才能を発見するチャンスでもあります。

「光と風とグリーン」関連イベントは人気

お客様のことを考えると「ときめきの暮らしに気づく」能力は、ジェンダ―レスとは言うものの、奥様の方が「暮らし感度」は高いと言わざるを得ません。
そこで、奥様の「ときめきの暮らしに気づいていただく要素」で多いのが、「光と風とグリーン」という要素からイベント企画を組み立てます。

「家」という「モノ」が主役ではなくその家で行われる「コト」が主役のイベントです。

「ときめきの暮らしの見えるセッティング」がポイントです。
人物も入れて暮らしの見える化で「ときめきの暮らし触発力」を発揮させます。

集客数は少なくても良い

週末2日間で新規来場者の予約が2件でも3件でもOKです。
「ときめきの暮らし」に気づいていただけたら受注に大きく前進します。
慣れてきてツボを掴めば毎月手を変え、品を変えの発想でイベントを実施できるようになれば、この手のイベントでの展示場単位のチームとして年間で24件程度まで受注をプラスすることが期待できです。

「ときめきの暮らし実現」で受注歩留率80%

お客様の「ときめきの暮らしを実現する営業」ですから、受注歩留率80%程度を狙います。
お客様と営業が同じ方向で考えて実現するお客様にとって楽しくストレスフリーの住宅営業方式です。
ここでも営業の女子力が問われます。
他業界では実現していながら、住宅業界ではなかなか実現できてこなかった「『モノ』売りから『コト』売りへの転換」です。

営業政策の転換

「『モノ』売りから『コト』売りへの転換」が目的ではなく手段です。
「量から質への営業体質の転換」が本当の目的です。

少ない見込客数の中から確実に受注するという「『受注歩留率』をどう上げて行くか」という営業の視点の転換です。
「お客様の暮らしを中心に考える」という基本的な考え方が納得した腹落ちしていることが前提条件です。
新たな注文住宅事業は、「お客様のいいなりにならず」お客様が気づいていない「ときめきの暮らし」を「触発して気づいていただく」ことから始まります。

「暮らし触発営業」方式

「『ときめきの暮らしに気づく』暮らしイベント」と対になっているのが「暮らし触発営業」方式です。
この暮らしイベントでご来場されるお客様は、イベント目的を理解されている「比較的暮らしを楽しむことへの高感度客」とはいうものの、その場でセッティングされた暮らしは「私にぴったり」というお客様は稀です。
従って大まかな方向性は合っているから来場されたのでしょうが、「フォーカスはまだ甘い」状態ということです。
モデル住宅の「セッティングされた暮らし」の仮想施主家族の考え方を明示して、「だからこうされています」という「セッティングされた暮らし」の基準線を共有した上で、「お客様ならどうされますか」と実現したい暮らしへのフォーカスを進めます。
暮らしを触発する「暮らし触発営業」方式とお客様ご自身の実現したい暮らしに気づいていただく「気づき共感営業」方式の組み合わせで対応します。

まとめ

やや遅きに失していますが、「『モノ』から『コト』へ」の実践が住宅業界にもいよいよ必要な時代になりました。
この発想の転換は数を求めても今後の縮む市場を冷静に認めれば、「受注歩留率」を従来の住宅業界の常識とはケタ外れのレベルへ上げることが求められます。
この「受注歩留率」視点の営業政策への転換は、天動説から地動説へ切り替えるほどの天地逆転ほどの転換です。
「質の高い少数の見込客から高い受注歩留率で目標棟数を受注する」という考え方が今後の営業政策の中心になります。

結果として、お客様へ「住まいを楽しみ人生を楽しむ暮らしの実現」という住まいづくりの本質を実現していくことに繋がり、生き残り、継続成長する住宅会社になれます。

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
代表取締役社長 松尾俊朗
一級建築士

問い合わせ
https://www.housing-labo.com/contact

関連記事

地場工務店/住宅会社向け 少数でも本気度の高い集客方法

地場工務店/住宅会社のみなさんが、お客様と出会うまでという意味でのマーケティングは大きく分けると2段階あります。 ①地元への認知段階②行動喚起段階(集客、資料請求) 地元への認知段階は、オンラインでの情報発信や看板などの […]

住宅展示場や見学会の少ない来場者から確実に受注する方法

住宅展示場や見学会への来場者数が減少したことを嘆いても始まりません。新規来場者数の減少も是とした上で受注を如何に上げていくのか、という発想が営業の考え方です。住宅営業担当の各人がすぐに取り組める内容の具体策をいくつか考え […]

女子力がポイント! 住宅展示場・見学会での集客企画で受注に直結させる

新規来場者が減少しています。集客は落ちていますが受注は好調というのが現状の市況だと思います。総合住宅展示場に来場さるお客様も5年前は3~4軒程度のモデル住宅を観て回るのが普通でしたが、コロナ禍の影響もあり最初から観るモデ […]

受注につながる住宅展示場や完成住まいの見学会への集客のポイント

総合住宅展示場の集客力に陰りが出始めてから既に何年も経ちます。完成住まいの現場見学会を開催しても新規来場客ゼロということも生じるようになりました。「集客を多く集める」という視点だけで集客企画を考えることは難しい段階に入っ […]

楽しい暮らしが見える住宅展示場・住宅見学会イベントは質が良いお客様が集まる

コロナ騒動の2020年の反動で2021年は住宅業界は相対的に好調に推移しましたが、2021年終盤から集客に四苦八苦している住宅会社/工務店が見受けられます。 2021年は全体としてコロナ禍では集客数の絶対数は少なくても本 […]

新着記事

【住宅営業が持つべき視点】変化し続けるお客様の暮らしを見つめる視点

住宅営業やお客様ご自身も気づかないうちに、家族関係・夫婦関係・親子関係などの家族とのつながり方やリビングダイニング・それぞれの部屋での過ごし方が従来とは変化ししています。こうした変化に対応してこそ、お客様中心の住宅営業と […]

「何でもできます」「自由設計ですから」では「何も売れない」

「注文住宅」という言葉は、ある意味で誤解されたまま世に広まっています。お客様は、「自分が思うとおりに家を建てられる」と思われている部分があり、住宅会社・工務店も「自由設計ですから」と、お客様のご要望のままに設計・施工され […]

中高級住宅は、お客様中心の「時間の質」向上ビジネスへ

お客様にとっては、数ある住宅会社の住宅展示場や完成住まいの見学会に参加しても、従来通りの営業対応ではローコスト系の住宅と「価格の割には大差がない」ように伝わってしまっています。価格の割には大差がなく伝わってしまう原因と中 […]

「不満の解消」と「満足の向上」は似て非なるもの

日本は少子高齢化が進み、人口は急激に減少しています。つまり、住宅建築適齢期の人口も減少しているということです。さらに、空き家率の過去最高の更新や持ち家・賃貸住宅(ともに戸建て住宅・マンション)、リノベーション・リフォーム […]

住宅営業のご夫婦への対応のポイント

ご主人様が主導し、奥様は夫の意思に沿う夫婦関係は、現在は減少傾向にあります。家族や夫婦関係の在り方や家事・育児などの行動も変化しており、ご夫婦関係を見極めずに、従来の「ご主人様が家庭内権力者」として対応していると、ご夫婦 […]

受注のコツはスピード感

住宅営業が受注を獲得するためにはスピード感が大変重要です。住宅営業活動上のスピード感とはどういうことを指すのでしょうか。自社住宅の特長をお客様にご理解いただいて受注に向かう上で必要な、住宅営業の「スピード感」について考え […]