初回プラン提示でお客様の納得を得るプレゼンテーション―②

初回のプラン提示でお客様にご納得いただく為のプレゼンテーションについて、前回はお客様に初回のプラン提示でのプレゼンテーションがご納得いただけにくいのかについてと、お客様に伝わりやすいプレゼンテーション資料の見え方について解説しました。

図面から空間を読み解くことは、住宅建築のプロでも難しいことです。
プレゼンテーションでは住宅建築の素人であるお客様でもパッと見てわかる工夫をしていく必要があります。
まだお読みでない方は前回の記事をご確認ください。
https://www.housing-labo.com/design/post-1453.html

二回目の今回は、お客様にご納得とご契約をいただくために必要な判断基準を正しくお伝えできるのか、2つの項目を取り上げます。
お客様の暮らしを理解し、お客様が実現したい暮らしの重要ポイント『暮らしの重心』が伝わるプレゼンテーションと「家族」「夫婦」「個人」の重視ポイントの実現したいことが見てわかるプレゼンテーション資料について解説します。

完成したプランより大切なこと

プラン作成は、お客様のお住いの建築に関わるものではありますが、それより大切なことがあります。
お客様にとっての新居である「住宅というモノ」よりも、そこでご家族とどのように過ごせるかの方が重要です。
したがって、プレゼンテーションは完成したプランの説明するための、お客様のご要望の間取りや設備や仕様が予算内でどこまで採用できたのかご報告することではありません。

お客様が望まれていた暮らしをどう実現できたのか、また限られた土地、予算の中で採用できた項目とできなかった項目はどのような基準で判断したのか、ということをお伝えすることが大切です。
この時の採用基準で重要なことは、土地や予算の制限の中、比較的採用しやすいモノから採用したということではなく、お客様の暮らしの重心を理解した上で判断できたのか、ということです。

住宅建築のプロが、自分たちを理解してくれた上で適切なものを採用してくれたのだということが、お客様に伝わるプレゼンテーションが大切です。

暮らしの重心が伝わるプレゼンテーション

お客様の『暮らしの重心』とは何かを説明します。

・お客様ご自身とご家族は何を大切にされているのか
・暮らしの中で効率的に暮らしたいとお考えなのか
・のんびりした暮らしを望まれているのか
・家族との時間をどのように過ごされようとしているのか

などの、ご家族それぞれとの関係で大切にされている時間はどのような時間かなど、お客様ご自身とご家族が暮らしの中で、今、大切にされていることや時間、新しいお住いでしたい暮らしを理解して、何を一番に考えておられるのか優先順位を共有しているということが、お客様の『暮らしの重心』を把握できているということです。

お客様の『暮らしの重心』を理解して、土地や予算内でできる範囲で採用した結果のプランや仕様/設備だということが伝わると、お客様のご納得いただけるプレゼンテーションになります。

暮らしの重心が伝わる資料

ここで前回の記事でもご紹介しました、プレゼンテーション資料の見た目も重要な要素の一つです。
お客様がパッと見てわかる資料で、お客様の『暮らしの重心』が伝わる資料を作成します。

上の図のお客様は共働きで、出勤時間もご主人様と奥様が同じ時間です。
ご夫婦の寝室から洗面室へのアクセスも良く、二階にも洗面室を設けることで洗面室での朝の渋滞も起きません。
朝起きてから出勤するまでの時間を、いかに効率的に日々こなせるのかということがパッと見てわかるように書いています。

休日には、ご夫婦とお子様で一緒にランチを一緒に作ることを楽しみにされています。
家族全員で一緒に食事を作るためにアイランドキッチンを採用し、ダイニングテーブルとアイランドキッチンの高さを同じにすることで全員で作業をするのに十分なスペースができます。
家族一緒にランチづくりを楽しむ工夫です。

お客様の予算をどこにいくら配分したのか、お客様の『暮らしの重心』を理解した上で、ここにこれだけ掛けましたということをお伝えできると、図面だけを使って「このプラン、この仕様でこの価格です」と説明してお伝えするよりも、格段にお客様のご納得度が上がります。
大切なお客様の予算をどこにどれだけ使ったのかは、お客様の『暮らしの重心』で判断したということをプレゼンテーションしましょう。

ご家族、ご夫婦、個人それぞれの重要ポイント

お客様の『暮らしの重心』を理解してお伝えするプレゼンテーションをさらにわかりやすくお客様にお伝えする資料として、ご家族、ご夫婦、個人それぞれの重要ポイントを掘り下げてお伝えできる資料があると便利です。

左の図のご夫婦は、暮らしの重要ポイントが、週末の夜にお子様を寝かしつけてからご夫婦お二人で晩酌の時間を取ることです。
新居ではこの時間をもっと楽しみたいとお話をされています。
ご夫婦がダイニングでつまみを食べながらリビングからお庭を見たり、映画を見ながらお二人で晩酌の時間を楽しめる工夫をしています。

このように、ご家族全員での重要ポイントだけでなく、ご夫婦や親子、個人での重要ポイントについても誰と誰が、どこでどのように過ごすための工夫をしているということが分かります。
口頭での説明だけでなく、具体的な暮らしのシチュエーションをお見せすることで、新たなお住いでの暮らしをより想像しやすくするプレゼンテーション資料づくりができると、お客様の納得度がさらに上がります。

まとめ

今回は、初回のプラン提示でお客様にご納得いただくためのプレゼンテーションについて、シリーズの二回目としてお客様の暮らしを理解し実現したいお客様の暮らしの重要ポイント『暮らしの重心』が伝わるプレゼンテーションと、「家族」「夫婦」「個人」の重視ポイントの実現したことが見てわかるプレゼンテーション資料について解説しました。

お客様のご予算をどこに、どのように使ったのか、間取りや仕様/設備を見せられても、お客様は判断がつきません。
限られた土地、予算の中でお客様の『暮らしの重心』で優先順位をつけてその実現のために、そこにいくらかかったのか実現したことが伝わるとご納得いただけお客様に必要、不必要のご判断をいただくことができます。

またご家族、ご夫婦、個人の重点ポイントについても具体的な暮らしのシチュエーションが見えると、新居での暮らしが想像でき、ご納得していただきやすいプレゼン資料作りができます。

お客様もよくわからないプレゼンテーションでは、面積や仕様の価格を比較でしか判断ができません。
お客様の土地や資金がどのように使われ何を実現できたのかが伝わるプレゼンテーションを実現してください。

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
企業サポート事業部
取締役事業部長 松尾励朗

関連記事

初回プラン提示でお客様の納得を得るプレゼンテーション―③

今回で3回目になりました初回のプラン提示でお客様にご納得いただくためのプレゼンテーション。今回は、お客様に新しいお住まいでの暮らしを実感いただけるプレゼンテーション資料作りのひと工夫と価格競争に陥りにくいプレゼンテーショ […]

初回プラン提示でお客様の納得を得るプレゼンテーション―①

プラン提示は住宅受注のクロージングツールです。 お客様にご契約いただく際、最後にして唯一クロージングができるのは、お客様へのプラン提示です。これ以外に住まいづくりに向けたお客様との最終合意ができるツールはありません。 プ […]

新着記事

【住宅営業が持つべき視点】変化し続けるお客様の暮らしを見つめる視点

住宅営業やお客様ご自身も気づかないうちに、家族関係・夫婦関係・親子関係などの家族とのつながり方やリビングダイニング・それぞれの部屋での過ごし方が従来とは変化ししています。こうした変化に対応してこそ、お客様中心の住宅営業と […]

「何でもできます」「自由設計ですから」では「何も売れない」

「注文住宅」という言葉は、ある意味で誤解されたまま世に広まっています。お客様は、「自分が思うとおりに家を建てられる」と思われている部分があり、住宅会社・工務店も「自由設計ですから」と、お客様のご要望のままに設計・施工され […]

中高級住宅は、お客様中心の「時間の質」向上ビジネスへ

お客様にとっては、数ある住宅会社の住宅展示場や完成住まいの見学会に参加しても、従来通りの営業対応ではローコスト系の住宅と「価格の割には大差がない」ように伝わってしまっています。価格の割には大差がなく伝わってしまう原因と中 […]

「不満の解消」と「満足の向上」は似て非なるもの

日本は少子高齢化が進み、人口は急激に減少しています。つまり、住宅建築適齢期の人口も減少しているということです。さらに、空き家率の過去最高の更新や持ち家・賃貸住宅(ともに戸建て住宅・マンション)、リノベーション・リフォーム […]

住宅営業のご夫婦への対応のポイント

ご主人様が主導し、奥様は夫の意思に沿う夫婦関係は、現在は減少傾向にあります。家族や夫婦関係の在り方や家事・育児などの行動も変化しており、ご夫婦関係を見極めずに、従来の「ご主人様が家庭内権力者」として対応していると、ご夫婦 […]

受注のコツはスピード感

住宅営業が受注を獲得するためにはスピード感が大変重要です。住宅営業活動上のスピード感とはどういうことを指すのでしょうか。自社住宅の特長をお客様にご理解いただいて受注に向かう上で必要な、住宅営業の「スピード感」について考え […]