【集客のコツ】失敗しない集客のポイントと改善方法

集客は、受注獲得のための重要なテーマのひとつです。
数多くの集客方法があり、「効果が上がる集客方法がわからない」「他にもっと効果的な集客方法があるのではないか」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、集客を成功させるためのポイントと改善方法について考えてみます。

Contents

集客力とは

集客力とは、受注を獲得するために、住宅展示場、完成住まいの見学会やセミナーなど、お客様にご来場いただく力のことを言います。
「○○○ショー」「△△△手作り体験会」などの企画で「人を集める数」を確保することを目的としているなら、TVCM、SNS広告などに大量の費用を投入すれば認知度が高まり「数」を確保出来るかもしれません。しかしながら、「イベント」としては成功しているかもしれませんが、受注につながるお客様が来場されたか、という視点で見ると「成功しているとは言えない」状態ではないでしょうか。

集客への考え方を改める

「集客数を伸ばして受注を確保する集客策」が難しい環境では、集客に対する考え方を転換することが求められます。広告費など費用を投入するのであれば、集客の数のためではなく、受注につながるお客様を集めることが大切なポイントです。

また、多くの工務店様/住宅会社様は、自社住宅の特徴(構造・工法・仕様・設備・性能・デザインなど)をメインに訴求していますが、このような訴求内容は、他社と大きな差が見えずらいため、数多くの発信に埋もれてしまう可能性が高くなります。
今のお客様が惹き付けられる「自宅で出来る楽しいコト」の発信で、お客様の目に留まる集客企画への軌道修正し、来場を促すことがポイントです。

集客のためのコツ

まずは、大前提として押さえておきたい集客のコツをご紹介します。

ターゲットの選定

「ご夫婦」、「ファミリー」「単身」などの家族構成や「ヤング世代」「ミドル世代」「シニア世代」などの年代など、集客のメインとなるターゲット層を選定します。
集客のメインとなるターゲット層が異なれば、最適なアピールポイントや宣伝媒体が大きく異なります。
効果的な集客策を実施するためには、ターゲット層を明確に定める必要があります。

アピールポイントの決定

魅力的な楽しい暮らしが見えて、ワクワクした気持ちで行ってみたいと思っていただけるアピールポイントであることがポイントですが、家族構成や年代によってこのポイントは異なります。
例えば、「30代のご夫婦と6歳と4歳の子ども」をターゲットに選定した時に、アピールポイントを「穏やかに暮らす」という内容よりは、「子どもと料理を楽しむ家」という発信の方がファミリー層の来場確率が高まります。この例は、極端な例ではありますが、アピ―ルポイントは、来場者の層を左右する大切なポイントなのです。

発信媒体の選定

若い年代層をターゲットにするなら、若者が触れる機会の多いSNSなどの媒体で情報発信すると効率が良いといえます。更に、奥様の興味関心をひき、これをきっかけに集客を狙うのであれば、Instagramで情報発信するという方法も考えられますし、ホワイトカラーのご主人様を狙うのであれば、noteが適しているかもしれません。
集客のメインとなるターゲット層が異なれば、最適な集客方針や媒体は大きく異なります。
どの媒体を利用すれば効果的な集客を実施できるのかを検討することが大切なポイントです。

情報発信

「お客様にとって魅力的」で、かつ、他社とは異なる「楽しい暮らし」が見える発信をしていくことが重要です。
例えば、「パパが料理、ママは食器洗い、お手伝いをがんばっている6歳と4歳のお子様」というような、楽しい暮らしのシーンが見える発信でファミリー層の関心を惹きます。
お客様がどの住宅会社/工務店の家を見に行こうかと検討を始める際には、「収納が充実した家が欲しい」「断熱がしっかりした家が欲しい」などといった住宅の間取りやハード面への関心があり、家での楽しさに意識が行っていない場合がほとんどですが、家での楽しい暮らしが具体的に見えてくると「そんな暮らしができるなら」と自社住宅商品に高い関心を寄せてくださいます。
お客様のワクワク感を刺激する一工夫を入れ込んだ発信がポイントです。

まとめ

集客していかなければ受注を獲得できず、住宅事業の継続が困難になります。
「自信のある住宅なのに集客が増えない」、「住宅の魅力を伝えても集客できない」などと集客に苦戦しているのであれば、集客の数を求めるのではなく見込度の高いお客様を集客するために、ターゲット層に適した「楽しさ」に重点を置いたアピールポイントを設定し、適切な発信媒体を検討して情報発信することをおすすめします。

ハウジングラボでは、お客様の「納得」と「満足」を高めて標準6週間で受注を獲得する、スピード感のある住宅営業手法をご用意しています。
自社特徴の好印象化で「いいね」を積み重ねる住宅営業手法をもとに、住宅事業の安定経営をサポートします。
「商品」「商品開発」「集客・マーケティング」「営業」「設計」「マネージメント」の5分野からなる住宅営業サポートです。

是非ご活用ください。

■ハウジングラボの住宅営業サポート
https://www.housing-labo.com/consulting

住宅事業の安定継続/発展に役立つセミナーも開催しています。
■住宅営業セミナー
https://www.housing-labo.com/seminar

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
営業企画課長 眞田 智子

関連記事

モデルハウス・住宅見学会への「集客数の減少」をお客様の視点から見てみると

モデルハウスや住宅見学会で、「集客が伸びない」「来場者数が減った」という声は、コロナ禍に突入してから多少の波はありますが常態化しています。また、人口減少や物価高などの社会情勢の影響もあり集客数は減少していますが、いずれに […]

【工務店・住宅会社のSNS集客のコツ】必要なのは、たった1つの要素

住宅建築適齢期の20~40代は、SNS世代です。利用されているSNSは、Instagram、Twitter、LINE、YouTube、TikTokなど多数存在し、住宅展示場や完成住宅見学会や相談会などへの集客には、SNS […]

モデル住宅が「楽しそうでしょ」と語りかける集客

コミュニケーションの80~90%以上は視覚情報によるものだと言われています。言葉によるコミュニケーションは、思っている以上にそのウェイトは少なくある意味驚きです。総合住宅展示場、もしくは単独住宅展示場のモデル住宅の集客の […]

常識と良識あるお客様から信頼を得る住宅展示場・見学会への集客方法

景気は回復基調にあるようですが、住宅の価格アップが常態化している中、確実に受注を上げるためには、「普通のまじめな成功者」という「常識と良識」がある「良いお客様」層を獲得するのが一番です。 集客時の仕掛けと初回面談から始め […]

新着記事

住宅会社/工務店のSNSでの情報発信セオリーとは

現在、住宅会社/工務店の集客方法として、SNSでの情報発信は非常に活発に行われています。20代後半から30代前半までのセンスのいい客層にアピールするには「Instagram」、30代後半から40代前半までの自身の暮らしへ […]

住宅営業の基礎力を身に付けるために

住宅営業には会話力、プレゼン能力など様々なスキルが求められます。もちろん、自社住宅商品や住宅建築に関する知識は前提として必要ですが、最初に身に付けるべきスキルは「お客様に見られるスキル」「お客様を見るスキル」です。 Co […]

【住宅営業チームのマネージメント】住宅営業の結果が出る朝ミーティングの進め方

住宅営業のチームでは、自身も営業をしているプレイングマネージャーがチームを管理していることが多く、部下の事も自身の営業活動も行っていらっしゃるため、時間がない中でどうやってチームのマネージメントをしていけば良いのかという […]

楽しい暮らしが見える住宅展示場・住宅見学会のイベントは、質が良いお客様が集まる

住宅展示場や住宅見学会での集客に苦戦している住宅会社/工務店が増加しています。従来からの「大量集客」をして、その中から「受注できそう」なお客様を選び、その他の大量の新規名簿を廃棄する、という考えを改め、「少ない集客だが、 […]

建築資材高騰で坪単価アップへの対応

建築資材高騰で坪単価アップが加速しています。コロナ禍での世界的な原材料不足に加え、インフレで住宅業界のみに限らず大きな影響を受けています。日本は新型コロナウィルス感染拡大からの景気回復が遅れており、中国やアメリカなどに材 […]

顕在化する住宅業界の集客数減少対策

集客数が減少していく時代の見込み客増加策は、「住宅の購入に対して本気度が高いお客様をどれだけ集客できるか」です。 これは今後、住宅会社の受注数に影響します。従来の住宅会社の集客方法とは別角度からの見込み客獲得策について考 […]