住宅営業はキツイ仕事なのか。キツイと感じてしまう理由と改善策

住宅営業は、お客様の人生に大きく関わる「住宅」「暮らし」を形作る仕事であるため、商談中のお客様の楽しい様子を感じた時、受注出来た時や完成引き渡し時などは喜びを感じ、やりがいのある仕事と言える一方で、「キツイ」「ツライ」と感じているビジネスパーソンがいることも事実です。今回は、住宅営業が「キツイ」「ツライ」と感じてしまう理由と改善策について考えてみます。

Contents

住宅営業が「キツイ」「ツライ」と感じてしまう理由

住宅営業に限らず、営業という仕事に「キツイ」「ツライ」と感じている代表的な理由は下記の通りです。

見込み客がいないと自分を追い込んでしまい精神的に消耗してしまう

住宅は数千万円という高額な商品なため、お客様が住宅購入の決断に慎重になるのは当然のことなのですが、新規のお客様を獲得するために電話をかけても冷たい対応をされたり、ご来場されたお客様に訪問して住宅取得に情熱を感じられない対応をされたりして、「見込み客にならなかった・・・」などと落ち込んでしまうことがあります。
保有するお客様リストにアプローチをかけても良い結果が得られず、もうアプローチできるリストも無いとなると焦ってしまうこともあるでしょう。
住宅営業は、初めからある程度の信頼関係が築かれているルート営業などとは異なり、全く接点のなかった個人のお客様との信頼関係を0から100までを築き上げて受注にいたる仕事ですので、初期段階から良い反応が得られることは稀です。「断られて当たり前。次は、どの方法でアプローチしようか」という「攻略」意識を持つことも心が折れないためのポイントです。

受注できないときにダメージを受ける

住宅営業は、受注にいたるまでに、ご相談、ご提案、現地調査、見積もり、設計など、様々なプロセスを長期間かかりますが、最終的に失注してしまうとダメージが大きくなる場合があります。他に「今月進められる見込み客」がいないとなると、尚更プレッシャーを感じるかもしれません。
こんな時は、お客様が自社を選ばなかった理由は何なのか原因を探り、適切な対応策を検討して、ロープレ訓練をしてみてはどうでしょうか。
例えば、お客様が関心を示していた「リビング」について、どのような会話でお聴きするのかなど、具体的に進めるロープレ訓練です。

「住宅営業をやってて良かった」と感じる人の考え方

「住宅営業は楽しい」と感じている人が、どんなことに楽しさを感じているかを知ることが「キツイ」「ツライ」現状を変える突破口になります。
「住宅営業の楽しさ」は人それぞれですので、すべての人に当てはまりませんが、代表的なやりがいの感じ方をご紹介してみます。

お客様の人生を豊かにできるという実感が得られる

「お客様から、ありがとうという感謝の言葉をいただいた」「四季折々に、近況のメッセージをいただく」「ホームパーティーに呼んでいただいた」などの喜びを伝えていただくことで、お客様の人生を豊かなものにする貢献ができている仕事だとやりがいを感じている住宅営業もいます。

住宅営業としての自分の成長を感じられる

数字というのは対前年比など、比較検討できて分かりやすいものですので、受注棟数や受注金額という数字の伸びから自分の成長を実感して喜びを感じる住宅営業もいます。

「住宅営業が楽しい」と感じるためには、まず見込客作り

集客は、受注獲得のための重要なテーマのひとつです。
今のお客様が惹き付けられる「自宅で出来る楽しいコト」の発信で、お客様の目に留まる集客企画で来場を促しましょう。

集客を成功させる

・ターゲット設定
家族構成や年代など、集客のメインとなるターゲット層を選定します。
効果的かつ効率的な集客策を実施するために、ターゲット層を明確に定めます。

・訴求ポイントの設定
家族構成や年代の違いで「行って見たい」ポイントは異なりますので、ターゲット層に最適な訴求ポイントを設定します。

・情報発信
「お客様にとって魅力的」である発信をします。
新しい住まいでのワクワクが見える情報発信が効果的です。

初回面談を成功させる

住宅展示場や完成住まいの見学会などでの初回接客は、受注成否の80%に影響すると言われています。
初回面談を成功させると、「自分の住宅を建てる会社」として検討の対象にしていただけますので、まずは、この初回面談を成功させることに取り組みます。

「自分が暮らすとしたら」という視点で見ていただく

住宅展示場や完成住まいの見学会などで「自分が暮らすとしたら」という視点で見学していただいたうえで、昨日されたことを再現していただきます。
ご夫婦で料理をされた方には、ご夫婦でキッチンに立っていただきます。料理をする、盛り付ける、食器を洗う/しまう、などです。お二人でキッチンに立ち、ご主人様が調理をして奥様が料理を盛り付ける場合の立ち位置を例に挙げると、お二人が並んだ立ち位置が良いのか、それとも向かい合った方が楽しくキッチンで楽しくコミュニケーションが取れるのか、といったように「キッチンは楽しいコミュニケーション場」ということを軸にして体感体験していただくと、ご自身の楽しい暮らしを想像してくださり、自社住宅への期待感が高まります。
こうした、日常の暮らしのシーンを見学される場所ごとに積み重ねていくと、「欲しい」を刺激することになり、「自分の住宅を建てる会社」として検討の対象にしていただけるようになります。

まとめ

住宅営業という職業は「キツイ」「ツライ」を0(ゼロ)にはできませんが、住宅営業の楽しさ、やりがいを理解して、「キツイ」「ツライ」と感じる感情を小さくしながらやりがいを大きくして「キツさよりもやりがいが大きい状態」に変えていくと、楽しく仕事ができるようになります。
改めてご自身の現状と向き合い、今回ご紹介した「キツイ・ツライを軽減する方法」を試してみてください。

ハウジングラボでは、お客様の「納得」と「満足」を高めて標準6週間で受注を獲得する、スピード感のある住宅営業手法をご用意しています。
自社特徴の好印象化で「いいね」を積み重ねる住宅営業手法をもとに、住宅事業の安定経営をサポートします。
「商品」「商品開発」「集客・マーケティング」「営業」「設計」「マネージメント」の5分野からなる住宅営業サポートです。

是非ご活用ください。

■ハウジングラボの住宅営業サポート
https://www.housing-labo.com/consulting

住宅事業の安定継続/発展に役立つセミナーも開催しています。
■住宅営業セミナー
https://www.housing-labo.com/seminar

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
営業企画課長 眞田 智子

関連記事

【集客のコツ】失敗しない集客のポイントと改善方法

集客は、受注獲得のための重要なテーマのひとつです。数多くの集客方法があり、「効果が上がる集客方法がわからない」「他にもっと効果的な集客方法があるのではないか」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、集客を成功 […]

競合他社と差別化して集客力を強化する

「自社住宅は良い住宅だから、差別化できている。でも集客はうまくいかないし、お客様が来場されても自社より劣る住宅を売っている競合他社と比較され受注できない」という状況は、「お客様にとって」という視点を加えると解決します。今 […]

「No.1」を獲得する初回面談のポイント

初めてご来場されたお客様には、とりあえずその住宅会社/工務店の家を見てみようという方もいらっしゃいますが、想いの大小に関わらず「自分の話を聴いてほしい」、「自分が考えていることを相談したい」という想いをお持ちです。住宅営 […]

「この家が欲しい」の「やる気スイッチ」を入れる

「いい家を作っているのに、思うように受注が伸びない」、「住宅の良さや魅力が、きちんと伝わらない」など、競合他社との競争が激しい環境では、こうした課題が尽きないものです。今回は、数ある工務店/住宅会社の中から自社を選んでい […]

新着記事

取得率100%が可能になる住宅展示場のアンケート取得方法

アンケート取得は営業活動を始めるのに欠かせないものです。アンケートにご記入いただけなければ、次のご案内も追客も何もできません。住宅展示場や見学会も少なくない投資がされて開催するのですから、来場された方からアンケートを取得 […]

女子力がポイント! 住宅展示場・見学会でのイベント企画で受注に直結させる

住宅展示場や完成住まいの見学会への新規来場者の大幅な増加は見込めない状況です。総合住宅展示場に来場さるお客様も以前は3~4軒程度の住宅展示場を観て回るのが普通でしたが、コロナ禍の影響で、事前に観る住宅展示場を絞りこんで来 […]

今の時代に求められる住宅営業の考え方

営業をしていく上で、様々なテクニックやスキルを身につけるのは大切ですが、それ以上に大切なのが「考え方」です。「なかなか結果が出ない」とお悩みの住宅営業担当者に取り入れていただきたい「今の時代に求められる住宅営業の考え方」 […]

【集客の悩み解決】今のお客様に効果的な集客対策

受注を獲得するためには集客することが必須ですが、受注につながるお客様が集まらない、集客数が少ないなど、悩みを抱えている方は少なくありません。今回は、集客の悩みを解決する「今のお客様」に最適な集客対策について考えてみます。 […]

住宅営業に「不向き」と感じた時の対処法

自身の営業成績が思うように上がらなかったり、お客様への対応が上手くいかなかったりすると、「自分は住宅営業に向いていないのではないか」と後ろ向きになることがあるかもしれません。人は悩み始めると狭いものの考え方になってしまい […]

集客力が上がらないのはなぜか?集客力を高めるポイント

「集客力を高めたい」とお考えの住宅会社/工務店が多いのではないでしょうか。集客力を高めるためには、今のお客様に興味を持っていただく内容での発信が必須です。これは、今までの住宅業界のスタンダードとは少し異なる内容ですが、こ […]