楽しい暮らしが見える住宅展示場・住宅見学会イベントは質が良いお客様が集まる

コロナ騒動の2020年の反動で2021年は住宅業界は相対的に好調に推移しましたが、2021年終盤から集客に四苦八苦している住宅会社/工務店が見受けられます。

2021年は全体としてコロナ禍では集客数の絶対数は少なくても本気度の高いお客様が多くご来場されました。
来場数が減少したからと言って受注減にならなかったという現象に「自分の実力が上がった」と勘違いしている住宅営業マンも見受けられました。
「買いに来たお客様の受注処理」をしただけでも受注が出来てしまったようです。

そうは言っても、ある程度の集客数を確保しないと安心できないというもわかります。
一方で本気のお客様をいかに集めるのかという「集客の質」もテーマになってきました。
「大量集客、大量の新規名簿の廃棄、偶然の受注」という時代ではなく、「少ない集客だがお客様の質も良く確実に受注する」という集客と住宅営業活動のリンクが重要な時代です。

先ずは「質の高い内容の来場者を確保する集客」についてです。

暮らし視点の集客

「良い家が欲しい」のか「良い暮らしがしたい」のかという禅問答のような話ですが、間違いなく「良い暮らしがしたい」お客様が注文住宅のお客様です。

「住まいを楽しみ人生を楽しむ暮らしの実現」が注文住宅事業の本質です。
30才で家を建てたお客様が90才までの60年間を安心して心豊かな暮らしで生涯送れるように考えて住いづくりを進めるのが私たち住宅づくりのプロの仕事です。

楽しい暮らしを触発する

集客媒体はネット系、SNS系など多様化していますが、すべての媒体で触発すべきことは「楽しい暮らし」です。
楽しい暮らしを満喫している家族をビジュアルに見せるということが質の高い集客には必須です。
お客様ご家族ごとに、さらにご主人、奥様、お子様の個々の「楽しいコト」は異なっています。
だからと言って曖昧な一般的な表現の広告では集客できません。
そこでお客様の想像力と創造力を活用します。

具体的な家族設定で、こうした内容のことを楽しんでいるという具体的な画像や動画の訴求によって、お客様は「自分ならこうする」という想像力と創造力で自分化して情報を受け取ってもらうという手法が質の高いお客様を集客するポイントです。

●キッチンと収納と水回り

暮らし視点のイベント内容を組み立てる際に「生活者としての関心」を持たれるのは主として奥様ですので、その奥様が興味を持たれる3大ポイントは「キッチン」「収納」「水回り」です。

キッチンについては「家事の合理化」という視点から徐々に「夫婦で、家族で一緒に作る」という楽しみと家族のコミュニケーションの場へと軸足が移っています。

「収納」と「水回り」は現状の生活不便さの解消という暮らしの「マイナス領域」の改善ですが関心の高い項目です。
イベントを組むならこれらのテーマは集客の魅力につながります。

●光と風と緑

新しい暮らしで実現したい暮らしとして質の高い集客をするなら、女性に人気のある「光と風と緑」に関連付けされた暮らしの「プラス領域」が有効なテーマです。
真冬でも吹き抜けの開口部からの光で奥まで光があふれるリビングや春から夏にかけて吹き抜けを通る風、リビングと一体となったガーデニングなどのテーマで具体的に暮らしを楽しんでいるシーンを体感体験していただく企画は有効です。

●集客イベント企画は女子力が重要

お客様が折角効果的な広告で集客されてもガランとした吹き抜けのあるリビングでは興ざめですから、暮らしを楽しんでいる家族想定とその具体的な内容の設えと演出が集客イベント会場には必要です。

暮らしを楽しむ視点を持った女子力の高い社員が中心になって暮らしイベントの楽しい内容を組み立てることがポイントです。

●初回面談で事実上のクロージング

楽しい暮らしが見えるイベントは、そういう暮らしに関心があるお客様しかご来場されませんから、初回面談で「概念的なこの会社で進めたいなあ」というレベルでクロージングが可能です。

暮らし視点のイベントで集客し、そのお客様が具体的に実現したい暮らしをご一緒に考えるという「暮らし触発営業」がポイントです。

お客様と同じ方向を見ながらご一緒に住まいづくりを進めるパートナー視点で確実に受注につなげます。

まとめ

「楽しい暮らしが見えなければ質の高い集客はできない」というのが集客イベントの考え方です。
集客イベント企画は楽しみながらワイワイと男性社員も女子力を高めながら進めてください。
具体的であればあるほどイベント会場の暮らし演出の設えは有効です。
暮らしイベントで来場されたお客様を「暮らし触発営業」で確実に受注につなげてください。

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
代表取締役社長 松尾俊朗
一級建築士

関連記事

住宅営業のツボは、お客様の暮らしの関心事を掴むこと

住宅設計者がお客様と面談する際は、常にお客様の暮らしの関心事を掴むように心がけます。住宅設計者がプラン作成に必要な情報を見いだそうとされるのは心情的によくわかりますが、プラン作成の基になる情報はお客様の暮らしに関する情報 […]

住宅展示場や見学会の少ない来場者から確実に受注する方法

住宅展示場や見学会への来場者数が減少したことを嘆いても始まりません。新規来場者数の減少も是とした上で受注を如何に上げていくのか、という発想が営業の考え方です。住宅営業担当の各人がすぐに取り組める内容の具体策をいくつか考え […]

「受注歩留率」視点の住宅営業政策へ転換

住宅市場を俯瞰してみれば、人口の漸減に歯止めがかからず、お客様の所得も横ばい、空家率13.6%で住宅が余っているというのが現実の「縮みつつある市場」です。この環境で住宅を新たに建てようとお考えの「新規来場者が減少する」の […]

新着記事

【住宅営業が持つべき視点】変化し続けるお客様の暮らしを見つめる視点

住宅営業やお客様ご自身も気づかないうちに、家族関係・夫婦関係・親子関係などの家族とのつながり方やリビングダイニング・それぞれの部屋での過ごし方が従来とは変化ししています。こうした変化に対応してこそ、お客様中心の住宅営業と […]

「何でもできます」「自由設計ですから」では「何も売れない」

「注文住宅」という言葉は、ある意味で誤解されたまま世に広まっています。お客様は、「自分が思うとおりに家を建てられる」と思われている部分があり、住宅会社・工務店も「自由設計ですから」と、お客様のご要望のままに設計・施工され […]

中高級住宅は、お客様中心の「時間の質」向上ビジネスへ

お客様にとっては、数ある住宅会社の住宅展示場や完成住まいの見学会に参加しても、従来通りの営業対応ではローコスト系の住宅と「価格の割には大差がない」ように伝わってしまっています。価格の割には大差がなく伝わってしまう原因と中 […]

「不満の解消」と「満足の向上」は似て非なるもの

日本は少子高齢化が進み、人口は急激に減少しています。つまり、住宅建築適齢期の人口も減少しているということです。さらに、空き家率の過去最高の更新や持ち家・賃貸住宅(ともに戸建て住宅・マンション)、リノベーション・リフォーム […]

住宅営業のご夫婦への対応のポイント

ご主人様が主導し、奥様は夫の意思に沿う夫婦関係は、現在は減少傾向にあります。家族や夫婦関係の在り方や家事・育児などの行動も変化しており、ご夫婦関係を見極めずに、従来の「ご主人様が家庭内権力者」として対応していると、ご夫婦 […]

受注のコツはスピード感

住宅営業が受注を獲得するためにはスピード感が大変重要です。住宅営業活動上のスピード感とはどういうことを指すのでしょうか。自社住宅の特長をお客様にご理解いただいて受注に向かう上で必要な、住宅営業の「スピード感」について考え […]