SNS集客を成功させるポイント

デジタルネイティブ世代と言われる住宅建築適齢期のお客様にリーチしやすいのがSNSです。
今や、多くの住宅会社/工務店でもSNSを活用していますが、競合他社とはひと味違う自社特徴の訴求について考えてみます。

Contents

SNS活用のメリット

総務省通信利用動向調査によると、20代、30代、40代の建築適齢期のSNSの利用割合は、総ての年代で8割を超えていることがわかります。
また、SNSを利用する目的の1位は「従来からの知人とのコミュニケーションのため」ですが、2位が「知りたいことについて情報を探すため」と、情報収集のツールとして活用していることがわかります。
多くの建築適齢期のお客様が利用しているSNSを集客に使わない手はありません。

新規のお客様獲得につながりやすい

自社の狙いのターゲット層の中には、自社住宅商品を知らない人もいます。
例えば、住宅取得を検討しているお客様が、初めはgoogleなどで「どんな住宅会社/工務店があるのか」「どんな家を建てているのか」などを検索するかもしれませんが、より詳細な住宅の特徴などを知りたいと思った時には、SNSで実際に見学できる展示場などのデザインや実際に建てた人の口コミなどを調べる、といった行動をとる人もいます。
こうした人達に自社住宅の特徴を上手に伝えることができれば、「見に行ってみよう」という新規顧客の獲得につながりやすくなります。

中長期の見込客の育成ができる

総務省通信利用動向調査の結果にもあるように、SNSの利用目的が「コミュニケーション」であることから、住宅会社/工務店の投稿をきっかけにファンになっていただける可能性があります。
SNSをきっかけに、自社住宅商品や住宅展示場やイベントなどの情報を拡散してくれる可能性もあります。
こうした動きによって、中長期的な見込客育成につながる可能性があります。

SNS集客のコツ

SNSの運用を始めれば、必ずしも集客につながるわけではありません。
SNS集客のコツは以下の通りです。

埋もれない投稿

住宅建築を検討されていおるお客様がSNSを利用する場合、文章よりも画像や動画がきっかけとなって投稿を見てくださいます。
全国のSNSを運用している住宅会社/工務店では建物としての住宅を投稿しており、デザインが良い住宅など他社と同様な画像や動画を投稿し、リーチできたとしても、大きな魅力として受け取られるかは疑問です。
例えば、設備機器のみの画像・動画や暮らし感が見えない殺風景な画像は、お客様を惹き付けませんので、子供が笑顔で走りまわってっているシーン、キッチンで夫婦が食事を一緒に作っている楽しいシーンなどの「動きを捉えた画像/動画」で「楽しさ」「幸福感」を伝えることをおすすめします。

「集客の質」を重視する

「集客の数を増やす」ために「無差別にフォロワーを増やす」というSNSの運用は、見込客獲得という集客にはつながりません。
自社住宅に高い関心を持ったフォロワーを増やすと、来場予約や問い合わせなどにつながる可能性が高まります。
量より質のフォロワーを増やすことがポイントです。

場合によってはSNS広告も利用する

いつもの投稿に加えて、より多くの人に投稿を見てもらいたい場合は、SNS広告を利用するのも一つの手段です。
また、自社の狙いのターゲット層に効果的にアプローチできるのもSNS広告です。
地域や年齢などを細かく指定できたり、興味関心のある人にピンポイントにアプローチできるリターゲティング広告などもあります。
いずれにしても、SNS広告を運用する場合も自社の狙い客層像を明確にして効果的な媒体の選定や広告内容を決定していくことがポイントです。

まとめ

SNS集客のポイントは、「行ってみたい会社」としてネット上で選ばれるための投稿でなければなりません。
画像/動画で表現する「魅力的で楽しい暮らし」「ワクワク感」、量より質を求める集客、必要に応じてSNS広告を利用することです。
自社住宅商品の安全/安心/快適を備えた性能や構造、生活動線などの利便性を考えたプラン、カッコイイデザイン、良い仕様の設備や部材などの優位性といった「発信したい情報」ではなく、「お客様が楽しくなる情報」の提供を心がけることが大切です。

ハウジングラボでは、お客様の「納得」と「満足」を高めて標準6週間で受注を獲得する住宅営業手法をご用意しています。
自社特徴の好印象化で「いいね」を積み重ねる「インプレッション(Impression)営業」、自社目玉特徴を刷り込み好感度の核をつくる「インプリント(Inprinting)営業」、お客様が実現したい暮らしに気づく「触発/気づき(Inspire)共感営業」の3つの住宅営業手法をもとに、住宅事業の安定経営をサポートします。
「商品」「商品開発」「集客・マーケティング」「営業」「設計」「マネージメント」の5分野からなる住宅営業サポートです。

是非ご活用ください。

■ハウジングラボの住宅営業サポート
https://www.housing-labo.com/consulting

住宅事業の安定継続/発展に役立つセミナーも開催しています。
■住宅営業セミナー
https://www.housing-labo.com/seminar

ハウジングラボの3つの営業手法の説明会です。
■「顧客心理を捉えて、価格アップでも受注出来る3つの住宅営業手法」説明会
https://www.housing-labo.com/form_content/form_content-4723

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
営業企画課長 眞田 智子

関連記事

ハウスメーカー・住宅会社・工務店集客数減少 → 受注棟数減少の解決策

住宅展示場協議会と住宅生産振興財団が発表した2024年2月の住宅展示場の来場者組数は、対前年同月比2.7%増の24万9423組とのことです。2024年1月の減少から増加へと転じましたが、様々な理由で、従来通りの集客数は見 […]

集客できない原因とは?今すぐできる対策

「モデルハウスや見学会の来場者が減った状態が続いている」「ポスティングをこのまま続けて効果があるのか?」「SNSや広告を試したが、成果につながらない」「効果が上がる対策をとりたいが、方法がわからない」など、集客に関する悩 […]

集客難を乗り切る発想の転換

建築適齢期の20~40代の人口の漸減が避けられない状況です。居住する形態の選択肢も多数存在し、お客様の所得も大きく伸びない環境では、新規来場の集客の減少が避けられません。今回は、集客に対する発想を転換して集客数が減少して […]

【2023年おすすめ】工務店・住宅会社の集客策

住宅価格の上昇、住宅ローンの金利上昇に伴い、2023年は集客数の減少が見込まれます。人口減少も相まって、今後は以前のような集客数を確保するのが困難と言わざるを得ません。年明け早々先行きが暗くなってしまう話題ですが、このよ […]

新着記事

建築資材高騰で坪単価アップへの対応

建築資材高騰で坪単価アップが加速しています。コロナ禍での世界的な原材料不足に加え、インフレで住宅業界のみに限らず大きな影響を受けています。日本は新型コロナウィルス感染拡大からの景気回復が遅れており、中国やアメリカなどに材 […]

顕在化する住宅業界の集客数減少対策

集客数が減少していく時代の見込み客増加策は、「住宅の購入に対して本気度が高いお客様をどれだけ集客できるか」です。 これは今後、住宅会社の受注数に影響します。従来の住宅会社の集客方法とは別角度からの見込み客獲得策について考 […]

【営業会議の進め方】受注につなげる作戦会議の場が営業会議

本来の営業会議とは、いかにして受注を獲得するかを検討する場ですが、営業活動の進捗報告、目標達成見込報告、その報告をうけて上司が住宅営業担当者に指導とはかけ離れたしっ責が延々と続くなどの営業会議の進め方をされている工務店・ […]

モデルハウス・住宅見学会への「集客数の減少」をお客様の視点から見てみると

モデルハウスや住宅見学会で、「集客が伸びない」「来場者数が減った」という声は、コロナ禍に突入してから多少の波はありますが常態化しています。また、人口減少や物価高などの社会情勢の影響もあり集客数は減少していますが、いずれに […]

【工務店・住宅会社のSNS集客のコツ】必要なのは、たった1つの要素

住宅建築適齢期の20~40代は、SNS世代です。利用されているSNSは、Instagram、Twitter、LINE、YouTube、TikTokなど多数存在し、住宅展示場や完成住宅見学会や相談会などへの集客には、SNS […]

ハウスメーカー・住宅会社・工務店集客数減少 → 受注棟数減少の解決策

住宅展示場協議会と住宅生産振興財団が発表した2024年2月の住宅展示場の来場者組数は、対前年同月比2.7%増の24万9423組とのことです。2024年1月の減少から増加へと転じましたが、様々な理由で、従来通りの集客数は見 […]