競合他社に負けてしまう原因

必ずと言っていいほど存在する競合他社の「自社よりも劣っている部分」の説明で差別化を図ろうとするのは間違いです。
他社を落とさず、自社住宅商品の特徴で差別化を進めるための考え方や、差別化された強みをどう伝えるのかについて考えてみます。

Contents

お客様が不快になる発言をしている

「家を建てようかな」とお考えのお客様は、どんな住宅会社/工務店があるのかなどの情報収集をネットなどで行い、気になる、もしくは好みに合った住宅会社/工務店のモデルハウスを見学するという動向が主流です。
お客様が「気になった」「好み」の他社住宅の自社より下位に置いたマイナス面の説明は、お客様の好みを否定していると同じことです。
これが、住宅営業担当者の悪意がない発言だったとしても、お客様にとっては、自分が肯定している住宅を悪く言われていることと同じで、「面白くない」ものです。
気分を害することを伝えてくる住宅営業には、「この住宅営業は自分のことをわかってくれないから話すのをやめようかな」と良い感情を抱かないばかりか、敬遠する傾向にあります。

無意識の発言が他社攻撃になっている

「A社はうちより安い住宅ですが、仕様が低いんです」「B社の断熱性能はウチより低いから安いんですよ」など、住宅営業担当者は事実を伝えているつもりでも、「自社住宅が1番良い住宅」「他社住宅は良くない」ニュアンスが含まれる発言は避けるべきです。

潜在するお客様のご要望を聴き出せていない

お客様は、「収納を増やしたい」「暖かい家が良い」などの現状の暮らしで不便に感じたりストレスになっていることを解消するためのご要望はお持ちです。
これに対応するのは当たり前のことで、これを満たすだけでは競合他社との競争に勝てる理由にはなりません。

欲しい理由を聴き出せていない

例えば、「暖かい家が欲しい」お客様の「暖かい家が欲しい理由」がわからないままプラン作成してしまっていることが競合他社に負けている理由の一つかもしれません。
「寒いのは辛いですよね。うちの住宅は断熱性能も抜群なので冬でも暖かいので快適に過ごせますよ。」という説明だけでは、浅いレベルでのお客様のご要望にお応えしている状態で、唯一無二の住宅にはならないのです。

競合他社に勝つ住宅営業とは

現在の日本では、「モノ」よりも「コト」を欲しがるお客様が主流となっています。
このようなお客様に、「冬暖かい家」のことだけを訴求しても家を建てる候補の1つにはなるかもしれませんが、「ここに決める!」という強い欲求は得られません。
現状の暮らしの不平不満を解消することに加え、楽しいコト、うれしいコトなどのプラスの感情を刺激することが競合他社に負けない重要なポイントなのです。

楽しさを刺激する

お客様は、「楽しいコト」に惹かれますので、「コト」に焦点を当てて欲しい理由をお聴きします。
先ほどの、「暖かい家が欲しい」お客様の場合、「暖かい家が欲しい理由」を質問しても「寒いのはツライから」と答えるかもしれません。
しかし、会話を重ねていくうちに「冬は足元が冷えて様々なことがものぐさになってしまって、趣味のお菓子作りも本当は週1くらいでやりたいけど、冷えるのが嫌でなかなか出来ない」という話をされたとすれば、「足元が冷えない暖かい家なので、毎週お菓子作りが楽しめる家」という「ストレスなく楽しいコト」ができる家という説明をすると、お客様の自社での住まいづくりの意欲が俄然増します。

イメージを共有して具体化していく

言葉だけでの空間イメージの確認は食い違いが生ずる可能性が高いので、ネット上の画像をお客様にお見せしてイメージに近い画像を確認します。
お菓子作りをするキッチンであれば、作業台が必要なのか、道具はどこにどのように収納したいのかなど、お客様が楽しくお菓子作りをするための空間のイメージの確認と共有です。

まとめ

競合他社を攻撃する対応は、お客様を不快にさせますので競合他社対策としては避けるべき対応です。
また、「モノ」としての住宅の性能での差別化が難しいため、お客様の楽しいコトに焦点を当てた応対は、現在、導入している会社が少なく、さらに「コト」が判断基準になっているお客様に差別化して受注する大きなポイントですので、是非、お試しください。

ハウジングラボでは、お客様の「納得」と「満足」を高めて標準6週間で受注を獲得する住宅営業手法をご用意しています。
自社特徴の好印象化で「いいね」を積み重ねる「インプレッション(Impression)営業」、自社目玉特徴を刷り込み好感度の核をつくる「インプリント(Inprinting)営業」、お客様が実現したい暮らしに気づく「触発/気づき(Inspire)共感営業」の3つの住宅営業手法をもとに、住宅事業の安定経営をサポートします。
「商品」「商品開発」「集客・マーケティング」「営業」「設計」「マネージメント」の5分野からなる住宅営業サポートです。

是非ご活用ください。

■ハウジングラボの住宅営業サポート
https://www.housing-labo.com/consulting

住宅事業の安定継続/発展に役立つセミナーも開催しています。
■住宅営業セミナー
https://www.housing-labo.com/seminar

ハウジングラボの3つの営業手法の説明会です。
■「顧客心理を捉えて、価格アップでも受注出来る3つの住宅営業手法」説明会
https://www.housing-labo.com/form_content/form_content-4723

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
営業企画課長 眞田 智子

関連記事

【競合対策の基本①】他社の悪口はタブー

住宅営業を進める上で必ずと言っていいほど存在する競合他社への対策は、受注を獲得するためには重要な対策のひとつです。しかしながら、間違った対策を打つと自分(自社)の信頼を失ってしまう危険があります。お客様は、その話をどのよ […]

【競合対策の基本③】お客様を理解する

競合対策の基本として、【競合対策の基本①】他社の悪口はタブー【競合対策の基本②】他社の商品や営業戦略を分析するを記していますが、今回は住宅営業に必須の「お客様を理解する」こととは具体的にどのようなことなのかを考えてみます […]

【競合対策の基本②】他社の住宅商品と営業戦略を分析する

競合時の対策で、他社を攻撃(口撃)するのは住宅営業担当者ご自身と会社の信頼を失う行為であることは、「【競合対策の基本①】他社の悪口はタブー」でもご紹介していますが、今回は、攻撃(口撃)ではない他社との差別化に有効な他社の […]

住宅営業は何処が競合先と考えて行動すべきか

競合先を考えるとき、同じエリアで住宅事業を展開している価格帯が同じ住宅会社/工務店を考えるというのはごく一般的です。これは、私たちが住宅業界という世界でビジネスをしている以上そう考えるのが普通です。ところがお客様視点で考 […]

新着記事

建築資材高騰で坪単価アップへの対応

建築資材高騰で坪単価アップが加速しています。コロナ禍での世界的な原材料不足に加え、インフレで住宅業界のみに限らず大きな影響を受けています。日本は新型コロナウィルス感染拡大からの景気回復が遅れており、中国やアメリカなどに材 […]

顕在化する住宅業界の集客数減少対策

集客数が減少していく時代の見込み客増加策は、「住宅の購入に対して本気度が高いお客様をどれだけ集客できるか」です。 これは今後、住宅会社の受注数に影響します。従来の住宅会社の集客方法とは別角度からの見込み客獲得策について考 […]

【営業会議の進め方】受注につなげる作戦会議の場が営業会議

本来の営業会議とは、いかにして受注を獲得するかを検討する場ですが、営業活動の進捗報告、目標達成見込報告、その報告をうけて上司が住宅営業担当者に指導とはかけ離れたしっ責が延々と続くなどの営業会議の進め方をされている工務店・ […]

モデルハウス・住宅見学会への「集客数の減少」をお客様の視点から見てみると

モデルハウスや住宅見学会で、「集客が伸びない」「来場者数が減った」という声は、コロナ禍に突入してから多少の波はありますが常態化しています。また、人口減少や物価高などの社会情勢の影響もあり集客数は減少していますが、いずれに […]

【工務店・住宅会社のSNS集客のコツ】必要なのは、たった1つの要素

住宅建築適齢期の20~40代は、SNS世代です。利用されているSNSは、Instagram、Twitter、LINE、YouTube、TikTokなど多数存在し、住宅展示場や完成住宅見学会や相談会などへの集客には、SNS […]

ハウスメーカー・住宅会社・工務店集客数減少 → 受注棟数減少の解決策

住宅展示場協議会と住宅生産振興財団が発表した2024年2月の住宅展示場の来場者組数は、対前年同月比2.7%増の24万9423組とのことです。2024年1月の減少から増加へと転じましたが、様々な理由で、従来通りの集客数は見 […]