注文住宅のお客様との設計打ち合わせはモデル住宅で

注文住宅の設計は何度も変更があることが当たり前と従来から思われています。何度も変更することでお客様の満足度が上がるという場合もあるかもしれませんが、多くのお客様にとっては面倒な上に、最終的に満足度が低いプランだったという評価が多いのも事実です。時間効率を上げてお客様のご満足度を上げる方法はないかという視点で考えてみましょう。
まず、「設計打ち合わせを行う場所」についてです。
お客様を住宅営業から引き継ぎを受けてから、設計打ち合わせに入ると思いますが、一般に打合せ場所は事務所の打ち合わせ室だと思います。打合せ場所を、可能であればモデル住宅で行うと様々な意味で効果的です。

図面での打ち合わせでは実際の暮らしを理解できない

3次元空間の住居内の暮らしを、そもそも平面図で理解するというのは、お客様にとってかなり難しいことだと思います。お客様へご提示させていただいたプランと実際にそこでの暮らしについてのお客様の空間認識力のギャップから誤解を生む可能性が高くなりがちです。CGや施工例の画像、もしくは動画などで補正はある程度可能ですが、「体感体験」との差は埋めがたいものがあります。
特にプランヒアリング段階で「言葉」だけの情報に頼ってしまっていると、「とにかく大きなリビング」「もっと大きなリビング」というように10畳でもなく12畳でもなくさらに大きくというような要求になりがちで、住宅全体の面積もオーバーということにつながってしまいます。「お客様が、そのように要求されたのだから仕方がない」ということは通用せず、住宅営業は「予算オーバーでどうするの」と混乱が始まります。

モデル住宅を使って「暮らす」視点で体感体験をしながらの設計打ち合わせ

大きなリビングを求めておられるお客様ご夫婦に、3m、4m、5mと距離を取って普通の声の大きさで話をしていただき、表情がよく見えて、話の内容が詳細まで聴きとれる距離は何処までなのかを確認していただきます。一般には3.6mくらいが無理のない範囲の限度です。3.6m×3.6mの8畳間サイズです。
実際に体感体験していただければ、たちどころに解決する問題です。
リビングを広くという要求内容が実際に大きな面積が必要なことを求めていらっしゃる場合でも、その頻度はどれくらいなのか、ここでは無理なのかと具体的にそこでの使い方をモデル住宅で体感体験しながら考えていただくと、解決の糸口を見いだしお客様と共有化できます。

●「広さ」というのは面積ではなく「広さ感」

お客様との設計打ち合わせで「広さ」についての行き違いは、「言葉による」やり取りが原因である場合が多くみられます。「デジタル数字での畳数、坪数」を言葉にしてしまうとそれが規準となって話が進んでしまいますが、「広さ」は実際の住空間設計では縦方向の広がり、外部への視線の抜けとその場での「広さ感」が本来の基準です。モデル住宅で「広さ感」を生み出している要素を設計が解説して、理解していただきながら打ち合わせを進めると、お客様と円滑に合意できます。
前述のリビングの広さについても、LDK全体空間で感じる「広さ感」で確認していただく必要があります。

●モデル住宅の打ち合わせを効果的するには小道具も大切

キッチンのサイズやテーブルの大きさなどは「カウンター」や「テーブルの天板」を観るだけでは判断がつきません。お皿やホーク、スプーンなどを5セット程度用意して盛り付けの際のキッチンの調理スペース、5人家族の食事のシーンでテーブルの天板サイズはこれで十分なのか、などという体感体験には小道具が必要です。もちろん5m程度のメジャーも長さや、高さ、距離などを測る際に重要にツールです。
小道具の助けをかりながら「暮らし視点での体感体験」が間違いのない判断の共有化につながりプラン変更の削減と、ご入居後のご満足を得ることができます。

プランプレゼンテーションもモデル住宅で実施

設計段階のモデル住宅活用はプレゼンテーション時にも有効です。プランヒアリング時に全ての部位について「体感体験」できていないと思います。また、ヒアリング時に「体感体験」していても印象が薄くなっている場合もあると思います。
プランプレゼンテーション時にもモデル住宅を有効に使って「暮らすという視点で体感体験」で補足しながらプレゼンテーションを進めることは、初回プレゼンでの決定にもつながります。例え初回で決まらない場合も、合意できなかった部位の修正方向を「体感体験」で確実なものにすることができ、「最少の変更回数」に抑えることができます。

お客様とのコミュニケーションは「視覚的な情報」で

コミュニケーションの基本は会話による言葉のやりとりではなく、視覚情報によるやり取りということが鮮明化してきています(80~90%以上)。画像やCG、3D-CADなどで視覚的にお客様とコミュニケーションをとるようにしましょう。「百聞は一見に如かず」の言葉通りです。

●模型やサンプルもコミュニケーションツール

住宅の模型という手に取って確認できるツールは、画面の中だけのCGなどと違って直接的にお客様の感覚に訴えかけること出来ます。また、床材や内装ドアなどの面材他様々なサンプルは、手触り感や表面温度などのぬくもり感と言った触覚からダイレクトに善し悪しが伝わる手段です。時には比較対象のサンプルも使ってこういう家ができるのかというワクワク感も演出することが最終合意への近道です。

まとめ

お客様との設計打ち合わせはモデル住宅で行うことが有効です。土日はモデル住宅も混み合うことが多いことだと思いますので、ゆったりした気持ちで打ち合わせができません。ウィークデーに時間を確保していただき、設計打ち合わせを行っていただくように「お客様メリット」を前面に出して日程調整のお願いしてみてください。案外上手く行くと思います。モデル住宅の活用は営業の場面が主体でしたが、これからは設計もヒアリングに、プレゼンテーションに有効に活用するようにしましょう。

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
代表取締役社長 松尾俊朗
一級建築士

関連記事

住宅設計のデザイナーか間取師か

住宅設計者の基本的な「立ち位置」というか「考え方」について記したいと思います。注文住宅以外の住宅は「建築主」と「使用者」が異なる場合が一般的です。マンションや建売分譲住宅などがこれに当たりますが、「現物を見て買う」という […]

住宅の価格アップに対応したプランを考える

住宅の価格が上がっても、従来客層のお客様では予算がこれ以上伸びないという場合が多発します。これに対応しようとすると「小さなプラン」になってしまい、坪単価はさらに上がったように見えて受注が遠ざかります。また、価格を意識しす […]

住宅設計のポイントは「コンパクトに広く」

住宅設計を進める一つのポイントが「コンパクトに広く」という設計の考え方です。3帖一間の暮らし、外国人にも人気のカプセルホテルなどコンパクトな空間は囲われ感があってしかも手が届く範囲にすべてのものがあり、至って便利な空間で […]

新着記事

【住宅営業が持つべき視点】変化し続けるお客様の暮らしを見つめる視点

住宅営業やお客様ご自身も気づかないうちに、家族関係・夫婦関係・親子関係などの家族とのつながり方やリビングダイニング・それぞれの部屋での過ごし方が従来とは変化ししています。こうした変化に対応してこそ、お客様中心の住宅営業と […]

「何でもできます」「自由設計ですから」では「何も売れない」

「注文住宅」という言葉は、ある意味で誤解されたまま世に広まっています。お客様は、「自分が思うとおりに家を建てられる」と思われている部分があり、住宅会社・工務店も「自由設計ですから」と、お客様のご要望のままに設計・施工され […]

中高級住宅は、お客様中心の「時間の質」向上ビジネスへ

お客様にとっては、数ある住宅会社の住宅展示場や完成住まいの見学会に参加しても、従来通りの営業対応ではローコスト系の住宅と「価格の割には大差がない」ように伝わってしまっています。価格の割には大差がなく伝わってしまう原因と中 […]

「不満の解消」と「満足の向上」は似て非なるもの

日本は少子高齢化が進み、人口は急激に減少しています。つまり、住宅建築適齢期の人口も減少しているということです。さらに、空き家率の過去最高の更新や持ち家・賃貸住宅(ともに戸建て住宅・マンション)、リノベーション・リフォーム […]

住宅営業のご夫婦への対応のポイント

ご主人様が主導し、奥様は夫の意思に沿う夫婦関係は、現在は減少傾向にあります。家族や夫婦関係の在り方や家事・育児などの行動も変化しており、ご夫婦関係を見極めずに、従来の「ご主人様が家庭内権力者」として対応していると、ご夫婦 […]

受注のコツはスピード感

住宅営業が受注を獲得するためにはスピード感が大変重要です。住宅営業活動上のスピード感とはどういうことを指すのでしょうか。自社住宅の特長をお客様にご理解いただいて受注に向かう上で必要な、住宅営業の「スピード感」について考え […]