住宅営業の基礎力を身に付けるために

住宅営業には会話力、プレゼン能力など様々なスキルが求められます。
もちろん、自社住宅商品や住宅建築に関する知識は前提として必要ですが、最初に身に付けるべきスキルは「お客様に見られるスキル」「お客様を見るスキル」です。

Contents

最初に身に付けるべき基礎スキル

①お客様に見られるスキル
お客様に話したい、聞きたいと思っていただけるかは第一印象で決まります。
お客様とお会いして6~7秒で第一印象は決まってしまいますので、話してみたいと見られることは大切です。
第一印象をクリアしたあともプロとしての信頼獲得をしていくには見た目の印象を保つというのも重要になります。
また、お客様の話をうなずいて聞いたり、メモを取っているところを見ていただくと、自分の話をしっかり聞いてくれる人だとお客様に認識していただけます。

②お客様を見るスキル
お客様の評価は表情に出ます。
説明や会話がすごく上手くても、お客様がそれを聞いてどう思われたかは、言葉を聞くだけでなく同時に表情を見ていなければお客様の本当の評価はわかりません。
例え説明が多少拙くても、内容にお客様がどう反応されたかがわかれば次につながります。
お客様からの評価がわからないというのが一番困ります。

住宅営業の基礎力は、お客様からの信頼を獲得する「見られるスキル」とお客様からの評価を正しく受け取る「お客様を見るスキル」です。

2つの基礎スキルを習得するには

基礎力を身に付けるためには日々の訓練が必要です。
スポーツでも基礎体力をつけために日々の体力づくりが必要であるのと同様に、新人からベテランまで基礎力を常に保つというのは大切です。
気を抜くといつの間にかお客様からの見た印象をあまり気にしなくなったり、お客様の言葉は聞いているのですが表情を見ずにお客様の発言の意図を外してしまうことはよくあります。

①見られていることを忘れてしまう失敗例
・着座中に資料を説明するのに熱中して猫背になってしまう。
・お客様から自社商品の一部をあまり評価していただけずに嫌な表情をしてしまう。

②見ることを忘れてしまう失敗例
・住宅の案内中に案内する箇所を見てしまいお客様を見れていない。
・案内中にお客様が別のところを見て「いいね」と言われたこと言葉だけで判断してしまう。

他にも様々なシチュエーションで失敗例は多々ありますが、2つの基礎スキルをお客様に対応している間は常にできるということが大切です。

見られるスキルを習得するためには

まずは第一印象を良くして、話してもいいかなと思っていただけることが大切です。
そこで笑顔の練習は効果的です。

これは、自分で鏡を見ながらの練習も良いのですが、家族や同僚、知人に見てもらう方が良いでしょう。
自分では笑顔のつもりでも他人から見ると違って見えたりします。

また、基本的な身だしなみはもちろんですが、立ち姿、座り姿も第一印象では重要です。
猫背も気になりますし、重心が片足に寄ってしまうとだらしない印象を与えてしまいます。
立ち姿や座り姿は、お客様とお会いして最初は意識できるのですが、最後までずっと保てているかどうかは自分では意識をし続けるのは難しいですので、これも上司や同僚に見てもらうといいでしょう。

ロープレ演習時にビデオ撮影をして最初から最後まで笑顔や姿勢をチェックしてみるのも良いです。

お客様を見ているようで見えていない

お客様のことを見るということは、接客時は相対しているので当然見ていると思われている方が多いのですが、弊社が研修の実施時にお客様の反応を最後まで見逃さずにいられる営業担当者は半分もいませんでした。

住宅展示場や見学会でお客様をご案内している時に、お客様を見ずに案内箇所を見て案内してしまっていたり、資料での説明では資料を見ていてお客様の反応を見逃してしまっていることがあります。

これはお客様と自分とのポジショニングで解決できます。
お客様の顔が視界に入るポジションを維持することができるとお客様の反応を見逃すことがなくなります。
これは、お客様からも営業自身のことが視界に入り、お客様がお話をされている時に相槌を打っているのも見えますので、「しっかり話を聞いてくれる」「自分たちのことを分かってくれようとしている」という印象を持っていただくことにも繋がります。

基礎力は意識しなくてもできるように

お客様に見られることと、お客様を見ることは意識をすれば誰にでもできることです。
ですが、前述したとおり弊社の研修で最初から最後までできていた営業の方は半分以下でした。
また、接客中にずっと笑顔や姿勢、ポジショニングを意識し続けていると肝心な案内やお客様の反応に集中できなくなってしまいます。

営業の基礎力は意識せずともできるように体に染み込ませる必要があります。
人間は習慣化させるのに個人差があり1か月~半年掛かると言われています。
意識せずともできるようになるために、周りの方とも協力して習慣化できるようにしましょう。
さらに習慣化できるまで訓練した方でもいつのまにか抜け落ちてしまうこともあります。
定期的にセルフチェックやチームでお互いに確認しあうということも大切です。

まとめ

住宅営業は様々な知識や経験が求められる職種ではありますが、まず習得すべきスキルはお客様に見られること、お客様を見ることです。
足りない知識は後から調べてお客様にお伝え出来ますが、第一印象で避けられてしまうとどうしようもありませんし、せっかく身に付けた知識を説明しても反応が見られなければお客様の言葉だけではお客様の意図がわかりせんので、気に入っていただけたのか、そうでないのかが分かりません。

お客様から話してみたい、しっかりしているとプロとして信頼していただける「お客様から見られるスキル」。
お客様の真意を正しく汲み取って対応をするための「お客様を見るスキル」
住宅営業の2つの基礎スキルを身に付け習慣化してください。

住宅営業の基礎力を身につける「営業スキルアップ研修」

基礎力の次のステップの住宅営業力「いい暮らし実現営業研修」

住宅営業の最高スキルが身につく「気づき共感営業研修」

ハウジングラボでは、お客様の「納得」と「満足」を高めて標準6週間で受注を獲得する、スピード感のある住宅営業手法をご用意しています。
自社特徴の好印象化で「いいね」を積み重ねる住宅営業手法をもとに、住宅事業の安定経営をサポートします。
「商品」「商品開発」「集客・マーケティング」「営業」「設計」「マネージメント」の5分野からなる住宅営業サポートです。

是非ご活用ください。

■ハウジングラボの住宅営業サポート
https://www.housing-labo.com/consulting

住宅事業の安定継続/発展に役立つセミナーも開催しています。
■住宅営業セミナー
https://www.housing-labo.com/seminar

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
企業サポート事業部
取締役事業部長 松尾励朗

関連記事

【住宅営業の基本 | ご案内編】住宅展示場や見学会は営業がリードすると受注に近づく

住宅展示場や完成住まいの見学会などでお客様をご案内する際、「実際にお客様が住むとして」という視点で観る・使ってみるなどの体感をしていただき、そして、広さや高さなどの使用感に加え、お客様ご自身が実現したい暮らしにはどのよう […]

【住宅営業の基本 | 着座ポジショニング編】住宅営業が座る適切な位置

ポジショニングとは、お客様に対する住宅営業の位置取りのことです。適切なポジショニングによって下記のようなメリットがあり、受注に良い影響を及ぼします。 1.お客様のお考え、想い、価値観を感じとることができ理解できます。2. […]

【住宅営業の基本 | ポジショニング編】お客様との正しい距離とは

お客様が住宅展示場や完成住まいの見学会にご来場され、初対面でご挨拶する時、ご案内時など、お客様と接する時には、お客様との距離が大きく影響します。お客様との距離には、「物理的距離」と「精神的距離」の2種類があります。今回は […]

【住宅営業の基本 | 視線編】目を見て話す住宅営業のメリット

住宅営業に限らず、全ての業種の営業担当者はもちろん、日常生活においても、相手の目を見て話すことがマナーであると認識されています。目を合わさず視線が泳いでいる人と会話した時に、挙動不審に見えたり、何で目を見て話さないのかな […]

【住宅営業の基本 | 聴き方編】「聴く」と「聞く」では大違い。身につけるべき「聴き方」とは

「聴く」と「聞く」の違いをご存知でしょうか。辞書によると、「聴」・・・耳でとらえて知る「聞」・・・音声を耳に感じとるとあります。つまり、住宅営業の場合で言うと、お客様に真摯に向き合い理解しようと集中して聴くのか、住宅営業 […]

【住宅営業の基本 | 話し方編】ご案内内容より先に身につけるべきは話すスピードや声のトーン

住宅展示場や完成住まいの見学会など、お客様をお迎えする初回面談は、受注成否の80%を握るほど重要な場面です。ご案内時の内容も重要ですが、それ以前に、お客様に「信頼に値する住宅営業」と認めていただけなければ、どんなに素晴ら […]

【住宅営業の基本 | 姿勢編】お客様に好印象を与える姿勢とは

前回は「【住宅営業の基本 笑顔編】信頼を得る住宅営業の佇まいを身につける方法」をご紹介しました。今回は、その続編の「姿勢」についてです。お客様との応対の際に、笑顔や話し方などが完璧であっても、姿勢が悪いと「やる気がない」 […]

【住宅営業の基本 | 笑顔編】信頼を得る佇まいを身につける方法

住宅営業に限らず、営業という職種は第一印象が大切です。お客様は、住宅営業と初めて対面してからの7~90秒で、「話しても良い相手」かどうかを判断されるとも言われています。住宅営業の印象が悪ければ、ご案内時の内容がどれだけ素 […]

住宅営業に役立つ持ち物とは

住宅営業の持ち物についてですが、モデル住宅内、あるいは内見会(完成住まいの現場見学会)などの住宅内で営業活動を進めるために、有効に使う持ち物について考えてみたいと思います。 モデル住宅を有効に使おうとすると、本来、初回面 […]

新着記事

住宅会社/工務店のSNSでの情報発信セオリーとは

現在、住宅会社/工務店の集客方法として、SNSでの情報発信は非常に活発に行われています。20代後半から30代前半までのセンスのいい客層にアピールするには「Instagram」、30代後半から40代前半までの自身の暮らしへ […]

住宅営業の基礎力を身に付けるために

住宅営業には会話力、プレゼン能力など様々なスキルが求められます。もちろん、自社住宅商品や住宅建築に関する知識は前提として必要ですが、最初に身に付けるべきスキルは「お客様に見られるスキル」「お客様を見るスキル」です。 Co […]

【住宅営業チームのマネージメント】住宅営業の結果が出る朝ミーティングの進め方

住宅営業のチームでは、自身も営業をしているプレイングマネージャーがチームを管理していることが多く、部下の事も自身の営業活動も行っていらっしゃるため、時間がない中でどうやってチームのマネージメントをしていけば良いのかという […]

楽しい暮らしが見える住宅展示場・住宅見学会のイベントは、質が良いお客様が集まる

住宅展示場や住宅見学会での集客に苦戦している住宅会社/工務店が増加しています。従来からの「大量集客」をして、その中から「受注できそう」なお客様を選び、その他の大量の新規名簿を廃棄する、という考えを改め、「少ない集客だが、 […]

建築資材高騰で坪単価アップへの対応

建築資材高騰で坪単価アップが加速しています。コロナ禍での世界的な原材料不足に加え、インフレで住宅業界のみに限らず大きな影響を受けています。日本は新型コロナウィルス感染拡大からの景気回復が遅れており、中国やアメリカなどに材 […]

顕在化する住宅業界の集客数減少対策

集客数が減少していく時代の見込み客増加策は、「住宅の購入に対して本気度が高いお客様をどれだけ集客できるか」です。 これは今後、住宅会社の受注数に影響します。従来の住宅会社の集客方法とは別角度からの見込み客獲得策について考 […]