【住宅営業の基本 | 笑顔編】信頼を得る佇まいを身につける方法

住宅営業に限らず、営業という職種は第一印象が大切です。
お客様は、住宅営業と初めて対面してからの7~90秒で、「話しても良い相手」かどうかを判断されるとも言われています。
住宅営業の印象が悪ければ、ご案内時の内容がどれだけ素晴らしくても、お客様は「良い家を見た」「この会社で家を建てたい」とはなりません。

第一印象を良くしてお客様に受け容れていただき、初回面談で成功するための住宅営業の笑顔・視線・話し方・聴き方とその練習方法について考えてみます。

Contents

「笑顔」は住宅営業の基本

笑顔でお客様と接するのは当たり前のことなのですが、意外と出来ていない人が多いのも事実です。
笑顔は周りの人にも伝染します。
そうすることで、お客様の警戒心や不安を取り除き、安心感を与えます。
さらに、お客様をポジティブにすることができます。

したがって、自然な笑顔を絶やさずにお客様と接することは、自社での住まいづくりに前向きに向き合っていただける要素の1つと言えます。

自然な笑顔がポイント

「ウソくさい笑顔」な人を見かけたことがありませんか?
作り笑顔は、お客様は敏感に感じ取ります。

「ウソくさい」原因は、「目」にあります。
口角が上がっていて「口は笑っている」状態でも「目が笑っていない」状態だと、お客様は「この住宅営業は笑っていない」「自分のことを客として迎えてくれていない」「居心地が良くない」など、ネガティブな感情になります。
「ウソくさい笑顔」と判定されてしまうと、その後のご案内時に共感を得られなかったり、反応がそっけなかったりなど、悪影響を与えてしまいます。

目は口ほどにものを言いますので、目でも笑顔になり、初回面談(初対面)時は、最高の笑顔でお出迎えすることが大切です。

●笑顔の練習方法

笑顔はコミュニケーションの基本です。

笑顔でいるつもりでも、お客様に「笑顔」と認識されなければ、それは笑顔ではありません。
お客様が笑顔と感じるのは、口角が上がっている、目尻が下がっている、上の歯が見えているなどがあります。


お客様に伝わってこその「笑顔」ですので、自分らしい自然な笑顔を身に付けるには練習も必要です。

●口の笑顔

① 大げさに思うくらい歯が見えるように「イ」の形にして、口角を上げます。
② 「おはよう」「ありがとう」「お疲れ様」などの挨拶で笑顔を意識して伝える。


歯が見えるような「イ」の形に出来ないようであれば、大きく口を開けて「アイウエオ」と発生することから始めてください。

日本人は口角が下がっている人が多いとも言われており、口角を上げる意識をして、習慣にしていきます。

●目の笑顔

① 動物や赤ちゃんなど癒し動画を見るようなイメージで、目の力を抜いて見ます。
目の下の頬を少し上げ、目を三日月形にするイメージを持ちます。
② 「ありがとうございます」など、 よく使う言葉に合わせて、眉の上げ下げを調整します。


鏡の前での練習の時は、鼻から下を手で隠したり、マスクをしたりして、目の表情だけで笑っていると分かるかどうかをチェックします。
目で上手く笑顔になっていないと感じた時は、顔を動かさずに眼球だけを上下左右に動かした後に、ぐるりと一周します。

鏡の前と上司や同僚など他の人の前でも練習し、チェックしてもらいます。

まとめ

自然な心からの笑顔をマスターできれば、お客様に安心感や信頼感を持っていただけ、自社での住まいづくりへの姿勢が前向きに変わります。
作り笑顔ではない心からの笑顔でお客様をお迎えすることが住宅営業の基本です。

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
営業企画課長 眞田 智子

関連記事

住宅営業の基礎力を身に付けるために

住宅営業には会話力、プレゼン能力など様々なスキルが求められます。もちろん、自社住宅商品や住宅建築に関する知識は前提として必要ですが、最初に身に付けるべきスキルは「お客様に見られるスキル」「お客様を見るスキル」です。 Co […]

住宅素人の営業でもトップセールスになれる理由

弊社がコンサルティングや研修をさせていただいている住宅会社様、工務店様の中で、住宅建築の全くの素人の営業の方がトップセールスになっていることがあります。彼、彼女たちは、住宅の営業経験年数は長くありませんので、建築知識は浅 […]

住宅営業の1丁目1番地は「お客様を受容れる」こと

春の需要期に入ってきていますが、思うように集客できないという住宅会社が多いのではないでしょうか。住宅営業には売りづらい時期かもしれませんが、30年近くに亘って長期にデフレと超低金利が続いた方が異常な事態だったと思います。 […]

住宅営業に役立つ持ち物とは

住宅営業の持ち物についてですが、モデル住宅内、あるいは内見会(完成住まいの現場見学会)などの住宅内で営業活動を進めるために、有効に使う持ち物について考えてみたいと思います。 モデル住宅を有効に使おうとすると、本来、初回面 […]

新着記事

住宅会社/工務店のSNSでの情報発信セオリーとは

現在、住宅会社/工務店の集客方法として、SNSでの情報発信は非常に活発に行われています。20代後半から30代前半までのセンスのいい客層にアピールするには「Instagram」、30代後半から40代前半までの自身の暮らしへ […]

住宅営業の基礎力を身に付けるために

住宅営業には会話力、プレゼン能力など様々なスキルが求められます。もちろん、自社住宅商品や住宅建築に関する知識は前提として必要ですが、最初に身に付けるべきスキルは「お客様に見られるスキル」「お客様を見るスキル」です。 Co […]

【住宅営業チームのマネージメント】住宅営業の結果が出る朝ミーティングの進め方

住宅営業のチームでは、自身も営業をしているプレイングマネージャーがチームを管理していることが多く、部下の事も自身の営業活動も行っていらっしゃるため、時間がない中でどうやってチームのマネージメントをしていけば良いのかという […]

楽しい暮らしが見える住宅展示場・住宅見学会のイベントは、質が良いお客様が集まる

住宅展示場や住宅見学会での集客に苦戦している住宅会社/工務店が増加しています。従来からの「大量集客」をして、その中から「受注できそう」なお客様を選び、その他の大量の新規名簿を廃棄する、という考えを改め、「少ない集客だが、 […]

建築資材高騰で坪単価アップへの対応

建築資材高騰で坪単価アップが加速しています。コロナ禍での世界的な原材料不足に加え、インフレで住宅業界のみに限らず大きな影響を受けています。日本は新型コロナウィルス感染拡大からの景気回復が遅れており、中国やアメリカなどに材 […]

顕在化する住宅業界の集客数減少対策

集客数が減少していく時代の見込み客増加策は、「住宅の購入に対して本気度が高いお客様をどれだけ集客できるか」です。 これは今後、住宅会社の受注数に影響します。従来の住宅会社の集客方法とは別角度からの見込み客獲得策について考 […]