【住宅営業の基本 | 笑顔編】信頼を得る佇まいを身につける方法

住宅営業に限らず、営業という職種は第一印象が大切です。
お客様は、住宅営業と初めて対面してからの7~90秒で、「話しても良い相手」かどうかを判断されるとも言われています。
住宅営業の印象が悪ければ、ご案内時の内容がどれだけ素晴らしくても、お客様は「良い家を見た」「この会社で家を建てたい」とはなりません。

第一印象を良くしてお客様に受け容れていただき、初回面談で成功するための住宅営業の笑顔・視線・話し方・聴き方とその練習方法について考えてみます。

「笑顔」は住宅営業の基本

笑顔でお客様と接するのは当たり前のことなのですが、意外と出来ていない人が多いのも事実です。
笑顔は周りの人にも伝染します。
そうすることで、お客様の警戒心や不安を取り除き、安心感を与えます。
さらに、お客様をポジティブにすることができます。

したがって、自然な笑顔を絶やさずにお客様と接することは、自社での住まいづくりに前向きに向き合っていただける要素の1つと言えます。

自然な笑顔がポイント

「ウソくさい笑顔」な人を見かけたことがありませんか?
作り笑顔は、お客様は敏感に感じ取ります。

「ウソくさい」原因は、「目」にあります。
口角が上がっていて「口は笑っている」状態でも「目が笑っていない」状態だと、お客様は「この住宅営業は笑っていない」「自分のことを客として迎えてくれていない」「居心地が良くない」など、ネガティブな感情になります。
「ウソくさい笑顔」と判定されてしまうと、その後のご案内時に共感を得られなかったり、反応がそっけなかったりなど、悪影響を与えてしまいます。

目は口ほどにものを言いますので、目でも笑顔になり、初回面談(初対面)時は、最高の笑顔でお出迎えすることが大切です。

●笑顔の練習方法

笑顔はコミュニケーションの基本です。

笑顔でいるつもりでも、お客様に「笑顔」と認識されなければ、それは笑顔ではありません。
お客様が笑顔と感じるのは、口角が上がっている、目尻が下がっている、上の歯が見えているなどがあります。


お客様に伝わってこその「笑顔」ですので、自分らしい自然な笑顔を身に付けるには練習も必要です。

●口の笑顔

① 大げさに思うくらい歯が見えるように「イ」の形にして、口角を上げます。
② 「おはよう」「ありがとう」「お疲れ様」などの挨拶で笑顔を意識して伝える。


歯が見えるような「イ」の形に出来ないようであれば、大きく口を開けて「アイウエオ」と発生することから始めてください。

日本人は口角が下がっている人が多いとも言われており、口角を上げる意識をして、習慣にしていきます。

●目の笑顔

① 動物や赤ちゃんなど癒し動画を見るようなイメージで、目の力を抜いて見ます。
目の下の頬を少し上げ、目を三日月形にするイメージを持ちます。
② 「ありがとうございます」など、 よく使う言葉に合わせて、眉の上げ下げを調整します。


鏡の前での練習の時は、鼻から下を手で隠したり、マスクをしたりして、目の表情だけで笑っていると分かるかどうかをチェックします。
目で上手く笑顔になっていないと感じた時は、顔を動かさずに眼球だけを上下左右に動かした後に、ぐるりと一周します。

鏡の前と上司や同僚など他の人の前でも練習し、チェックしてもらいます。

まとめ

自然な心からの笑顔をマスターできれば、お客様に安心感や信頼感を持っていただけ、自社での住まいづくりへの姿勢が前向きに変わります。
作り笑顔ではない心からの笑顔でお客様をお迎えすることが住宅営業の基本です。

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
営業企画課長 眞田 智子

関連記事

住宅素人の営業でもトップセールスになれる理由

弊社がコンサルティングや研修をさせていただいている住宅会社様、工務店様の中で、住宅建築の全くの素人の営業の方がトップセールスになっていることがあります。彼、彼女たちは、住宅の営業経験年数は長くありませんので、建築知識は浅 […]

住宅営業の1丁目1番地は「お客様を受容れる」こと

春の需要期に入ってきていますが、思うように集客できないという住宅会社が多いのではないでしょうか。住宅営業には売りづらい時期かもしれませんが、30年近くに亘って長期にデフレと超低金利が続いた方が異常な事態だったと思います。 […]

他社をけなさず褒める住宅営業がお客様から信頼される

住宅営業において、時々お客様の前で他社の悪口を平然と言う営業担当者がいます。時には聞くに堪えない根拠がない誹謗中傷を述べている営業担当者も見かけます。お客様はその話をどのように聴いておられるのかをお客様の視点で考えてみる […]

住宅営業に役立つ持ち物とは

住宅営業の持ち物についてですが、モデル住宅内、あるいは内見会(完成住まいの現場見学会)などの住宅内で営業活動を進めるために、有効に使う持ち物について考えてみたいと思います。 モデル住宅を有効に使おうとすると、本来、初回面 […]

住宅営業の基礎力を身に付けるために

住宅営業には会話力、プレゼン能力など様々なスキルが求められます。もちろん、自社住宅商品や住宅建築に関する知識は前提として必要ですが、最初に身に付けるべきスキルは「お客様に見られるスキル」「お客様を見るスキル」です。 Co […]

新着記事

【住宅営業が持つべき視点】変化し続けるお客様の暮らしを見つめる視点

住宅営業やお客様ご自身も気づかないうちに、家族関係・夫婦関係・親子関係などの家族とのつながり方やリビングダイニング・それぞれの部屋での過ごし方が従来とは変化ししています。こうした変化に対応してこそ、お客様中心の住宅営業と […]

「何でもできます」「自由設計ですから」では「何も売れない」

「注文住宅」という言葉は、ある意味で誤解されたまま世に広まっています。お客様は、「自分が思うとおりに家を建てられる」と思われている部分があり、住宅会社・工務店も「自由設計ですから」と、お客様のご要望のままに設計・施工され […]

中高級住宅は、お客様中心の「時間の質」向上ビジネスへ

お客様にとっては、数ある住宅会社の住宅展示場や完成住まいの見学会に参加しても、従来通りの営業対応ではローコスト系の住宅と「価格の割には大差がない」ように伝わってしまっています。価格の割には大差がなく伝わってしまう原因と中 […]

「不満の解消」と「満足の向上」は似て非なるもの

日本は少子高齢化が進み、人口は急激に減少しています。つまり、住宅建築適齢期の人口も減少しているということです。さらに、空き家率の過去最高の更新や持ち家・賃貸住宅(ともに戸建て住宅・マンション)、リノベーション・リフォーム […]

住宅営業のご夫婦への対応のポイント

ご主人様が主導し、奥様は夫の意思に沿う夫婦関係は、現在は減少傾向にあります。家族や夫婦関係の在り方や家事・育児などの行動も変化しており、ご夫婦関係を見極めずに、従来の「ご主人様が家庭内権力者」として対応していると、ご夫婦 […]

受注のコツはスピード感

住宅営業が受注を獲得するためにはスピード感が大変重要です。住宅営業活動上のスピード感とはどういうことを指すのでしょうか。自社住宅の特長をお客様にご理解いただいて受注に向かう上で必要な、住宅営業の「スピード感」について考え […]