住宅会社/工務店のSNSでの情報発信セオリーとは

現在、住宅会社/工務店の集客方法として、SNSでの情報発信は非常に活発に行われています。
20代後半から30代前半までのセンスのいい客層にアピールするには「Instagram」、30代後半から40代前半までの自身の暮らしへの考え方をお持ちの客層へは「Facebook」を活用するなど、ターゲット層に応じたフォーマットの活用も進んできています。

狙いのターゲット層の分析や自社特徴を分かりやすく伝えるための写真の撮り方など、SNSを活用する手法も皆様よく勉強されています。
ただ、SNSを活用する住宅会社/工務店が増えていることもあり、おしゃれな外観、かっこいいデザイン性、かわいいインテリアの情報発信は非常に数が多く、似たような情報や画像が溢れています。

今回はSNSを活用し自社モデルハウスやイベントにご来場いただくために、他社との明確な差別化をするための情報発信内容を解説していきます。

お客様を触発する情報発信

SNSで何を発信すれば他社との差別化ができるか。
まずは現状のSNSで発信されている内容の分析をしていきましょう。
これから住宅建築の検討を始められるお客様が、SNS上で情報収集をされる際、おしゃれ、かっこいい、かわいい写真を見てご自身も「こんなかっこいいインテリアの家に住みたい」「このかわいいキッチンを新居で作りたい」と触発を受け、住宅を検討される際に「この会社を見に行ってみようか」と思われます。

その後、検討を進めていく段階で、住宅の中身について情報収集をするため、どんな住宅会社か信頼ができるのかを知るために、その会社のSNSで会社の雰囲気や現場などの情報を収集されます。

このお客様を触発して行動に繋げるということが、SNSが住宅事業の集客に非常に効果がある部分であり、会社の信頼獲得に日々のSNSでの情報発信は役立っています。

ただし、集客の面で、いわゆる「映える」住宅の画像での情報発信はSNS上で溢れており、競合他社との差別化がしにくくなってきています。

ポイントは暮らしの多様化で変化する住宅の使い方

情報発信における他社との差別化のポイントは、住宅は日本人の暮らしの多様化によって家族毎に違った使われ方をするようになってきたということです。

例えばダイニングの使い方は従来食事をする場所でした。
今はダイニングに求められる機能も多様化しており

・ダイニングソファーでくつろぐ場所
・子供たちが勉強する場所
・リモートワークをする場所
・夫婦のコミュニケーション場所

など、様々な使われ方をしていて、従来のようにダイニングテーブルと人数分の椅子を配置するだけでなく、それぞれに求められる機能も違ってきています。

このような、お客様がまだ知らない新たな暮らし方に関するSNSでの情報発信は、お客様を触発し集客する使い方にマッチしています。

住宅の新たな使い方を触発する情報発信

新たな暮らし方をSNS上でどのように発信していけばいいのか。
従来のように外観やインテリアの写真を載せるだけでは伝わりません。

先ほど例に出しましたダイニングの使い方でくつろぐダイニングについて情報発信を行う場合、ダイニングソファーの写真を載せただけでは、ただのインテリア写真になってしまい新たな暮らし方の触発はできません。
暮らしが見える情報発信をしていく必要があります。

ポイント① 人物が入った画像

ダイニングでくつろいでいる家族が映っている必要があります。

ポイント② シチュエーションが見える

ダイニングソファーに座っているだけでは、ただの家族写真です。
テレビを見ながら会話をしていたり、読書をしていたりとダイニングでくつろいでいるシチュエーションを見せることが大切です。

暮らしのシーンが具体的に見えて「自分もこういう暮らし方をしてみたい」と思える画像が効果的です。

新たな暮らし方が見えるSNSでの情報発信で、「こんな暮らしをしてみたい」と触発されると従来と違った角度からの集客が可能になります。

暮らしに触発されて来場されるお客様は来場時の反応が違う

SNSでの情報発信で、他社との差別化が可能な新たな暮らし方を発信する手法は、集客だけでなくお客様が来場される時も反応が違います。
住宅建築の検討を始められるお客様がモデルハウスや見学会に初めて来場される時は、住宅について情報収集をしに来られます。
そこから来場や面談を重ねていくうちに徐々にご自身の住まいづくりについて考え方を整理されていきます。
初めから新居でどんな暮らしがしたいのかを明確に持っているお客様は、まずいらっしゃいません。
新たな暮らしに触発をされて来場されるお客様は、「こんな暮らしをしてみたい」と新居での暮らしを具体的に持ってきていただけます。
これまでは何回も来場と面談を重ねてようやくぼんやりと見えていた新居のカタチを、最初から具体化したイメージを持って来場していただくことが可能になり、住まいづくりのステップをスムーズに行うことができます。

まとめ

住宅業界でのSNSの活用が進み、「映える」画像での集客は他社との差別化が難しくなってきています。
新たな暮らしでお客様に、「こんな暮らしをしてみたい」と触発を与え、来場していただく手法で今までとは違った角度での集客が可能になります。
また、具体的な新居での暮らしのイメージを持って来場していただける集客手法は、これまでお客様に新居での暮らしのイメージを持っていただくまでに時間が掛かっていたところを、初来場時からしたい暮らしのイメージを持ってきていただくことが可能になります。

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
企業サポート事業部
取締役事業部長 松尾励朗

関連記事

フリープランは良い住宅設計なのか考えてみる

「フリープラン」「自由設計」「何でもできます」ということを標榜する住宅会社を時々見かけますが、これが注文住宅の設計として良い設計をするということなのでしょうか。 これとは真逆で「3000プランから選べます」「特選プラン集 […]

変動する住宅業界 暮らしを楽しみ人生を楽しむ住まいの実現が成功のポイント

「注文住宅事業の進化の方向性」と「現状の注文住宅業界の矛盾」について記したいと思います。先ず、注文住宅事業の本質をお客様の暮らしを中心に考えると、「暮らしを楽しみ人生を楽しむ住まいの実現」と定義できると思います。これに対 […]

「暮らし視点の住宅営業」は、大きな他社差別化になる!

今後の住宅市場は外形として捉えれば建築適齢期の人口減が進み、一方で空き家率は13.6%もあるという市場です。需要漸減化の「モノ」が余っている市場で「対価」を支払うだけの「魅力ある住宅」をお届けできるのかという課題が、住宅 […]

新着記事

【住宅営業が持つべき視点】変化し続けるお客様の暮らしを見つめる視点

住宅営業やお客様ご自身も気づかないうちに、家族関係・夫婦関係・親子関係などの家族とのつながり方やリビングダイニング・それぞれの部屋での過ごし方が従来とは変化ししています。こうした変化に対応してこそ、お客様中心の住宅営業と […]

「何でもできます」「自由設計ですから」では「何も売れない」

「注文住宅」という言葉は、ある意味で誤解されたまま世に広まっています。お客様は、「自分が思うとおりに家を建てられる」と思われている部分があり、住宅会社・工務店も「自由設計ですから」と、お客様のご要望のままに設計・施工され […]

中高級住宅は、お客様中心の「時間の質」向上ビジネスへ

お客様にとっては、数ある住宅会社の住宅展示場や完成住まいの見学会に参加しても、従来通りの営業対応ではローコスト系の住宅と「価格の割には大差がない」ように伝わってしまっています。価格の割には大差がなく伝わってしまう原因と中 […]

「不満の解消」と「満足の向上」は似て非なるもの

日本は少子高齢化が進み、人口は急激に減少しています。つまり、住宅建築適齢期の人口も減少しているということです。さらに、空き家率の過去最高の更新や持ち家・賃貸住宅(ともに戸建て住宅・マンション)、リノベーション・リフォーム […]

住宅営業のご夫婦への対応のポイント

ご主人様が主導し、奥様は夫の意思に沿う夫婦関係は、現在は減少傾向にあります。家族や夫婦関係の在り方や家事・育児などの行動も変化しており、ご夫婦関係を見極めずに、従来の「ご主人様が家庭内権力者」として対応していると、ご夫婦 […]

受注のコツはスピード感

住宅営業が受注を獲得するためにはスピード感が大変重要です。住宅営業活動上のスピード感とはどういうことを指すのでしょうか。自社住宅の特長をお客様にご理解いただいて受注に向かう上で必要な、住宅営業の「スピード感」について考え […]