住宅営業に「不向き」と感じた時の対処法

自身の営業成績が思うように上がらなかったり、お客様への対応が上手くいかなかったりすると、「自分は住宅営業に向いていないのではないか」と後ろ向きになることがあるかもしれません。人は悩み始めると狭いものの考え方になってしまいます。今回は、住宅営業という仕事に行き詰ったときの対処方法について考えてみます。

Contents

「住宅営業に向いてない」と感じる時の主な理由

「自分は住宅営業に向いていないかも」と感じる理由で多いものは下記の通りです。

話が上手くできない

人とのコミュニケーションが上手く取れない、内向的である、話の流れを上手く作れない、など自分が住宅営業として話すことに自信が持てないことが挙げられます。

断られると気分が滅入る

説明も聞かずに会話をしてくださらないお客様など、「拒否」の反応が怖いと感じて萎縮してしまい、そうすると、お客様はさらに話を聞いてくださらなくなるという悪循環に陥ってしまう場合です。

ノルマがつらい

月、四半期、半期、年単位での目標額が設定され、このノルマを達成しなければ、上司から厳しく追及されたり、これをプレッシャーと感じてしまったりと苦痛に思ってしまう場合です。

住宅営業に向いていないと感じた時の対処法

自分は、住宅営業に向いていないと後ろ向きになってしまった時には、今までの営業のしかたを変えてみることが行き詰まり感を解消する一つの方法です。

話が上手くできない → 自分が話すより「話してもらう」ことに注力する

住宅展示場や見学会でのご案内や初めてお会いするお客様と接する時に、会話が苦手だが自社住宅商品の説明なら出来るからと、すぐに、自社住宅商品の特徴を一生懸命丁寧に説明を始めたりしていませんか?
話すのが苦手なのであれば、ビジュアルに訴える資料をで惹きつけ、この資料に則ってお客様に話していただくことができます。
例えば、お父さんとお子様が一緒に考えながら勉強している画像、お母さんとお子様がクッキーをを作っている画像が載っている資料などをお見せして、「お客様だったらどのように楽しみたいですか?」というように、お客様の新し住まいでの暮らし(コト)を触発するような質問です。
人は、自分が興味があることに関しては、語りたい傾向が強いものですので、この特性を利用します。
そして、お客様が話してくださったことの中にある「お客様が知りたいこと」に応えていくというスタイルは、話すのが苦手な方でも充分に対応可能です。

断られると気分が滅入る → 対立軸を作らない

営業は「断られるのがあたりまえ」「断られてから始まる」と言われますが、そもそも、どんな理由であれ「拒否」の雰囲気が感じらると苦痛に感じてしまうわけですから、拒否されない状況を作り出すことがポイントです。
お客様が来場されると、多くの住宅営業担当者は自社住宅の説明をして、資金や土地の有無を聞き出そうと頑張る傾向がありますが、ひと通り住宅の説明をしてから「さあ、質問に答えてください」では、お客様にとっては「自分のことを何もわかっていない人に応える義務はない」となるのは当たり前です。
例えば、ご案内中に、他社のモデルハウスを見学し、気になっている部分をお話ししてくださったお客様に、その部分のマイナスポイントアピールは良くありません。お客様が気になっている部分を否定していることになりますので、他社批判と捉えられる対応は避けるべきです。他社住宅であっても、お客様が気になっている部分、気に入っている部分などについては反論ではなく、逆に褒めるくらいの対応をして、何故気になっているのかをお聴きして自社住宅での住まいづくりに活かしていく方が、「寄り添ってくれている」という感覚や「この人は分かってくれているな」という安心感をもっていただけ、拒否感が軽減されます。

ノルマがつらい → プラスαな暮らしを触発する営業に切り替える

お客様は、現状の暮らしの不満の解消やネット上で見た情報から「暖かい家が良い」「広いリビングが良い」などのご要望をお持ちです。
こうしたご要望にお応えするだけでは「この住宅がいい!」にはなりません。
現状は、このようなお客様の発言に対するご要望を満たすだけの対応をしているため受注につながりにくいのです。
例えば、「足元まで暖かくなった家で何をしたいのか」「広いリビングでどのように過ごしたいのか」など、現在の不満を解消することに加え、楽しいコト、うれしいコトなどのプラスの感情を刺激する「実現したいコト」を共有し、心豊かな暮らしを提供できる住宅であることをご理解いただくと、「この住宅がいい!」を得られます。
そして、テンポよくお客様との面談をスケジュールします。
人は1週間後には覚えたことの約8割を忘れるとも言われていますので、「次回のアポは1週間以内」に、というテンポで進めます。先送りするとお客様の記憶が薄れ、ワクワク感が無くなってしまいますので、OB宅などの「ご案内アポ」を獲得したりと、あの手この手でアポを獲得します。
アポを獲得する時のポイントは、次回の「ご案内アポ内容」の魅力を伝え、お客様のモチベーションを上げることです。
そうすると、従来よりも短期間で受注を獲得することが可能になります。

まとめ

「住宅営業に向いていないかも」と感じた時には、今までのご自身の営業スタイルを振り返り、改善していくことをおすすめします。
お客様に「この住宅がいい!」と自社住宅を選んでいただけるためには、自分が話すよりもお客様に話していただく、お客様との間に微塵たりとも対立軸を作らない、お客様にとって楽しいコトを掘り下げていくという営業スタイルがポイントです。

ハウジングラボでは、お客様の「納得」と「満足」を高めて標準6週間で受注を獲得する、スピード感のある住宅営業手法をご用意しています。
自社特徴の好印象化で「いいね」を積み重ねる住宅営業手法をもとに、住宅事業の安定経営をサポートします。
「商品」「商品開発」「集客・マーケティング」「営業」「設計」「マネージメント」の5分野からなる住宅営業サポートです。

是非ご活用ください。

■ハウジングラボの住宅営業サポート
https://www.housing-labo.com/consulting

住宅事業の安定継続/発展に役立つセミナーも開催しています。
■住宅営業セミナー
https://www.housing-labo.com/seminar

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
営業企画課長 眞田 智子

関連記事

「No.1」を獲得する初回面談のポイント

初めてご来場されたお客様には、とりあえずその住宅会社/工務店の家を見てみようという方もいらっしゃいますが、想いの大小に関わらず「自分の話を聴いてほしい」、「自分が考えていることを相談したい」という想いをお持ちです。住宅営 […]

「この家が欲しい」の「やる気スイッチ」を入れる

「いい家を作っているのに、思うように受注が伸びない」、「住宅の良さや魅力が、きちんと伝わらない」など、競合他社との競争が激しい環境では、こうした課題が尽きないものです。今回は、数ある工務店/住宅会社の中から自社を選んでい […]

「消費」から「投資」への意識変化が受注へのカギ

「建設資材価格が2カ月連続下落」と経済調査会から発表されました。とはいえ、数年前に比べ住宅の価格が数段アップしている現在、コストダウンなどの企業努力だけでは対応しきれない状況です。この難局を乗り切り、注文住宅事業を安定継 […]

「不満の解消」と「満足の向上」は似て非なるもの

日本は少子高齢化が進み、人口は急激に減少しています。つまり、住宅建築適齢期の人口も減少しているということです。さらに、空き家率の過去最高の更新や持ち家・賃貸住宅(ともに戸建て住宅・マンション)、リノベーション・リフォーム […]

新着記事

住宅会社/工務店のSNSでの情報発信セオリーとは

現在、住宅会社/工務店の集客方法として、SNSでの情報発信は非常に活発に行われています。20代後半から30代前半までのセンスのいい客層にアピールするには「Instagram」、30代後半から40代前半までの自身の暮らしへ […]

住宅営業の基礎力を身に付けるために

住宅営業には会話力、プレゼン能力など様々なスキルが求められます。もちろん、自社住宅商品や住宅建築に関する知識は前提として必要ですが、最初に身に付けるべきスキルは「お客様に見られるスキル」「お客様を見るスキル」です。 Co […]

【住宅営業チームのマネージメント】住宅営業の結果が出る朝ミーティングの進め方

住宅営業のチームでは、自身も営業をしているプレイングマネージャーがチームを管理していることが多く、部下の事も自身の営業活動も行っていらっしゃるため、時間がない中でどうやってチームのマネージメントをしていけば良いのかという […]

楽しい暮らしが見える住宅展示場・住宅見学会のイベントは、質が良いお客様が集まる

住宅展示場や住宅見学会での集客に苦戦している住宅会社/工務店が増加しています。従来からの「大量集客」をして、その中から「受注できそう」なお客様を選び、その他の大量の新規名簿を廃棄する、という考えを改め、「少ない集客だが、 […]

建築資材高騰で坪単価アップへの対応

建築資材高騰で坪単価アップが加速しています。コロナ禍での世界的な原材料不足に加え、インフレで住宅業界のみに限らず大きな影響を受けています。日本は新型コロナウィルス感染拡大からの景気回復が遅れており、中国やアメリカなどに材 […]

顕在化する住宅業界の集客数減少対策

集客数が減少していく時代の見込み客増加策は、「住宅の購入に対して本気度が高いお客様をどれだけ集客できるか」です。 これは今後、住宅会社の受注数に影響します。従来の住宅会社の集客方法とは別角度からの見込み客獲得策について考 […]