暮らし視点の住まいづくりにはメリット満載

各国の付加価値額GDPは下図のグラフのように、世界では2000年を1とした指数表示で順調に伸びています。
伸び率が高い(右上がりが急傾斜)は未だモノが充足していない発展途上国です。
モノが充足している先進国も母数が大きい割には順調に伸びています(右上がりが緩やかな傾斜)が、日本だけが横ばいという残念な結果です。

先進国は本来の自国民だけでは少子高齢化とモノの充足で日本と同じような環境になるはずですが、大きく異なるのは「移民」という「モノが充足していない人たちの流入市場」の存在が日本と異なっています。
人口に占める移民比率は、オーストラリア30%、カナダ21%、スウェーデン20%、ドイツ19%、アメリカ15%、イギリス14%、フランス13%に対して日本は2%です。
これが全てではありませんが、単純に考えるとこの差がGDPの差と言える面もあります。

モノ充足社会の住宅事業

多くの先進国が15~20%くらい移民人口が占めているということは、それだけでもモノ未充足の市場がそこに存在していますからモノを売ること自体がビジネスの活力になります。
逆に日本ではモノ余り市場です。
住宅業界も例外ではなく2021年の空き家率は13.6%という数字にもモノ余り市場という姿が如実に表れています。
これを前提とした「未来の住宅事業」はどう対処すればよいのかというのが課題です。

異業種の成功要因

モノ充足社会の日本でも成功している企業があります。
iPhoneは携帯電話機の中でも高額ですが世界的に見ても特に日本でよく売れている商品です。
「それはIT業界のGAFAの話でしょ」と多くの日本人、住宅業界人は思い込んでその成功要因を自分事としてとらえていないようです。
iPhoneの成功は技術的な面ももちろんありますが、「自分好みのスマホに設定できる」ことも大きな成功要因です。
各自の好みのアプリケーションをダウンロードしていますからトップ画面は個人ごとに大きく異なるはずです。
ゲーム好きな人はゲームアプリを多く持つなど個人好みの個性的なスマホになっています。
つまりiPhoneは「個への対応」を行って成功しているということです。

Amazonも一度購入すると「この商品を購入する方にはこういう商品がおすすめです」と「個の顧客に対応したおすすめ」というビジネスで成功しています。

●注文住宅は本来究極の個への対応ビジネス

○LDKという日本でしか通用しない一律の考え方で日本の住宅は発展してきました。
もちろん耐震性や断熱気密性も向上し、設備も世界最高クラスの装備です。モノとしては充足極まってきています。
一方で誕生してから70年以上経過した○LDKプランではカバーし切れないほどに自覚症状がないまま暮らし方は変化しています。

●お客様の個の暮らしに基づく住まいづくり

生産現場でも医療現場でも3交代4交代勤務は当たり前の世帯もあれば、在宅勤務も急激に増加しているように、個の暮らし方に対応することが要求されている時代ですが、本当にお客様の個の暮らしに我々は対応できているのでしょうか。
「自由設計」「フリープラン」対応は、ただ「お客様の言いなり」対応をしているに過ぎないのではないか。
「お客様ご自身が自分の暮らしはこうだからこういうプランにしてほしい」と自己分析された内容に基づく情報でしょうか。
そのようなスーパーマンのようなお客様は皆無のはずです。
断片情報や思いつき、Instagramのカッコイー部屋へのあこがれとかが主体の根拠希薄の情報や、逆に住宅会社の押し付けプランになってしまっているのではないかと疑ってみる必要があると思います。
何度プラン変更しても決まらないとか、お客様のあれもこれもと次々に要求がでてきて面積オーバーになって価格が合わないとかは、その結果ではないでしょうか。

●暮らしとはなにか

個の暮らしへの対応と言っても、そもそも暮らしとは具体的な姿かたちが見えず理解しずらいものです。
そこで「暮らしを因数分解」します。

「場」と「コト」と「登場人物」の要素で因数分解すると暮らしの実態が見えてきます。

「リビング(場)」で「夕食後ご主人がソファーに寄りかかりながらスマホを見て、お子様はそのソファーを机にして絵本を読んでいる(コト)」、その時「奥様は(登場人物)」別のソファーで本を読んでいる、というように「場」と「コト」と「登場人物」で因数分解すると暮らしの姿が具体的に見えてきます。

●暮らしの最適解

暮らしを因数分解することで、お客様にとって最適な夕食後の過ごし方(暮らし)をご一緒に考えることが可能になります。
ご主人が寝そべってTVをみるのに現状のソファーが良いのか、それともリクライニングの椅子の方が良いのか。
奥様とお子様は床で良いのかという風にお客様とご一緒に考えて最適解を求めていくことができます。
「暮らし視点の住まいづくり」という個々のお客様へ対応した住宅事業が実現できるようになります。

まとめ

モノ充足社会の注文住宅事業は個々のお客様の「暮らし視点の住いづくり」で対応するというのが今後も成長していくための考え方です。
注文住宅の本質でもある「お客様にフィットした付加価値の提供」は住宅事業のこれから先の未来の姿です。

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
代表取締役社長 松尾俊朗
一級建築士

関連記事

市況によって変動する価格に振り回されない住宅営業とは

昨年のウッドショックから始まり、多くの住宅会社・工務店で坪単価が上昇しています。 「住宅の坪単価が上がったから売れない」というのはプロの世界では通らない話です。 具体策としてどう対処するのかを考えてみましょう。 Cont […]

建築資材高騰で坪単価5~7万円超アップへの対応

建築資材高騰で坪単価5~7万円以上アップが現実になってきました。コロナ禍での世界的な原材料不足は住宅業界のみに限らず影響を受けています。日本は新型コロナウィルス感染拡大からの景気回復が遅れており、中国やアメリカなどに材料 […]

【住宅営業のコツ】値引きせずに新築住宅を受注するコツ

お客様から値引きを匂わされたら応じなければならないと思っていませんか。値引きしなくても受注出来る住宅営業のポイントをお伝えします。 「お客様の予算枠に金額を合せないと受注できない」「失注するくらいなら、多少値引きしてでも […]

新着記事

2023年 住宅営業のトレンド

インフレや住宅ローン金利の上昇などの家計を圧迫する要因がある場合、お客様は資金に対して「節約志向」です。「今まで、この営業方法で上手くいっているから」という理由で従来通りの営業を進めると、お客様の思考や言動に対応できずに […]

プライスレスの価値を持つ中高級住宅とは

ウッドショックによる住宅関連資材の価格高騰やインフレによって住宅価格は300~400万円ほどアップし、さらには住宅ローン金利のアップという環境下では、お客様は「住宅を建てるならなるべく安く」という意識が強まります。お客様 […]

価格で判断されない住宅営業とは

インフレによる物価上昇率に給与所得の上昇率が追い付いていないことに加え、住宅ローン金利の上昇の影響で、住宅購入を検討されているお客様の価格に対する意識がより一層シビアになることが予想されます。このような環境下でも「他社の […]

【2023年おすすめ】工務店・住宅会社の集客策

住宅価格の上昇、住宅ローンの金利上昇に伴い、2023年は集客数の減少が見込まれます。人口減少も相まって、今後は以前のような集客数を確保するのが困難と言わざるを得ません。年明け早々先行きが暗くなってしまう話題ですが、このよ […]

「良い住宅なのに売れない」の解決策

「お客様の予算に合わせたプランでは納得してもらえないし、ご要望通りのプランだと高くなりすぎて失注する」、「良い住宅だからこその価格であることを理解していただけず、価格で他社に負ける」「暮らしやすい住宅なのに『検討します』 […]

お客様の満足度・納得度が高くなる住宅営業とは

お客様も住宅業界関係者も気づかぬうちに暮らし方が変化しています。お客様のご要望に対して、経験値を基に「○○○の場合は△△△で対応する」というような、ある意味マニュアルのような対応では、現在のお客様の満足・納得を得られませ […]