ウッドショックによって住宅業界で変化すること

ウッドショックによる建築資材の高騰、建築資材供給不足や工期の遅れに加え、現在、新たな変化も起き始めています。
この新たな変化について考えてみましょう。

ウッドショックとは

そもそも、ウッドショックとは何か。
一言でいうと、木材の供給が需要に追いつかず木材価格が高騰したことを言います。
この原因は、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、アメリカや中国の二大消費地でオフィスへの勤務からテレワークに切り替わり、ライフスタイルやワークスタイルの変化によって住宅の買い替えやリフォームが急増し、木材の需要が一気に高まったことが挙げられます。
また、元々、虫害や山火事等で原料が不足しており、新型コロナウィルス感染拡大によって製材所の休業などで供給量が減少したことも原因の一つです。

全ての建築資材の高騰

木材や建築資材は、2021年5月から価格が上がり始め、7月頃から急激に価格が上昇しています。
そして、2021年1月と比べると2倍近くの価格に上昇している地域もあります。

建築資材価格の今後の予想

かつては圧倒的な仕入量を持っていた日本ですが、人口減少や経済力の低下などによって住宅着工数の減少が進んだ結果、木材需要量が減少したため、世界における日本の木材購買力は低下しています。
つまり、木材の大量消費国であるアメリカや中国に買い負けている状況です。

さらに、アメリカでの木材生産量が増えていない事、木材を運搬する海運料金の大幅上昇、世界の主要港で労働力やコンテナ不足によって物流遅延が生じていることなどもあり、木材供給不足による高価格帯での推移の終息時期は「いつ」と断言できないのが現状です。

住宅購入に対するお客様の変化

住宅コンサルティングを実施している全国の住宅会社様の住宅展示場への新規で来場されたお客様は、この数ヶ月で激減しています。つまり、輸入材の価格上昇と連動するように新規来場組数が低下しており、お客様は建築資材高騰に敏感に反応し、住宅購入活動を控える行動が現れています。

2022年に向けて価格上昇対策で取り組むべきこと

建築資材高騰による影響で約5~7万円/坪を値上げに踏み切った工務店・住宅会社・ビルダーもおり、今後、更に価格が上がると予想されます。
建築資材高騰の鎮静化が見通せない状況ですので、以下の対策が急務です。

コストダウン

住宅建築におけるコストダウンは避けられない課題です。
しかし、協力業者だけが痛みを負うコストダウンを図ったり、住宅建築資材費を削減して住宅の品質を下げるのではなく、品質を保ちながら無駄なコストを削減する方法を考える必要があります。

お客様への対応方法

新規で来場されるお客様が減少しているため、自社の展示場や住宅見学会などに来場された全てのお客様を受注する覚悟で臨むことが必須です。
そして、お客様が発するご要望にお応えすることに加え、「お客様ご自身も気づいていないご要望」を引き出して叶える応対が、自社を選んでいただくポイントとなります。

まとめ

ウッドショックの終息時期は不透明です。
工務店、住宅会社、ビルダーが、コストダウンやお客様への対応方法の本質的な対策に取り組むことが大切です。

新着記事