ウッドショックによって住宅業界で変化すること

ウッドショックによる建築資材の高騰、建築資材供給不足や工期の遅れに加え、現在、新たな変化も起き始めています。
この新たな変化について考えてみましょう。

ウッドショックとは

そもそも、ウッドショックとは何か。
一言でいうと、木材の供給が需要に追いつかず木材価格が高騰したことを言います。
この原因は、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、アメリカや中国の二大消費地でオフィスへの勤務からテレワークに切り替わり、ライフスタイルやワークスタイルの変化によって住宅の買い替えやリフォームが急増し、木材の需要が一気に高まったことが挙げられます。
また、元々、虫害や山火事等で原料が不足しており、新型コロナウィルス感染拡大によって製材所の休業などで供給量が減少したことも原因の一つです。

全ての建築資材の高騰

木材や建築資材は、2021年5月から価格が上がり始め、7月頃から急激に価格が上昇しています。
そして、2021年1月と比べると2倍近くの価格に上昇している地域もあります。

建築資材価格の今後の予想

かつては圧倒的な仕入量を持っていた日本ですが、人口減少や経済力の低下などによって住宅着工数の減少が進んだ結果、木材需要量が減少したため、世界における日本の木材購買力は低下しています。
つまり、木材の大量消費国であるアメリカや中国に買い負けている状況です。

さらに、アメリカでの木材生産量が増えていない事、木材を運搬する海運料金の大幅上昇、世界の主要港で労働力やコンテナ不足によって物流遅延が生じていることなどもあり、木材供給不足による高価格帯での推移の終息時期は「いつ」と断言できないのが現状です。

住宅購入に対するお客様の変化

住宅コンサルティングを実施している全国の住宅会社様の住宅展示場への新規で来場されたお客様は、この数ヶ月で激減しています。
つまり、輸入材の価格上昇と連動するように新規来場組数が低下しており、お客様は建築資材高騰に敏感に反応し、住宅購入活動を控える行動が現れています。

2022年に向けて価格上昇対策で取り組むべきこと

建築資材高騰による影響で約5~7万円/坪を値上げに踏み切った工務店・住宅会社・ビルダーもおり、今後、更に価格が上がると予想されます。
建築資材高騰の鎮静化が見通せない状況ですので、以下の対策が急務です。

コストダウン

住宅建築におけるコストダウンは避けられない課題です。
しかし、協力業者だけが痛みを負うコストダウンを図ったり、住宅建築資材費を削減して住宅の品質を下げるのではなく、品質を保ちながら無駄なコストを削減する方法を考える必要があります。

お客様への対応方法

新規で来場されるお客様が減少しているため、自社の展示場や住宅見学会などに来場された全てのお客様を受注する覚悟で臨むことが必須です。
そして、お客様が発するご要望にお応えすることに加え、「お客様ご自身も気づいていないご要望」を引き出して叶える応対が、自社を選んでいただくポイントとなります。

まとめ

ウッドショックの終息時期は不透明です。
工務店、住宅会社、ビルダーが、コストダウンやお客様への対応方法の本質的な対策に取り組むことが大切です。

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
代表取締役社長 松尾俊朗
一級建築士

関連記事

市況によって変動する価格に振り回されない住宅営業とは

昨年のウッドショックから始まり、多くの住宅会社・工務店で坪単価が上昇しています。 「住宅の坪単価が上がったから売れない」というのはプロの世界では通らない話です。 具体策としてどう対処するのかを考えてみましょう。 Cont […]

建築資材高騰で坪単価5~7万円超アップへの対応

建築資材高騰で坪単価5~7万円以上アップが現実になってきました。コロナ禍での世界的な原材料不足は住宅業界のみに限らず影響を受けています。日本は新型コロナウィルス感染拡大からの景気回復が遅れており、中国やアメリカなどに材料 […]

新着記事

【住宅営業が持つべき視点】変化し続けるお客様の暮らしを見つめる視点

住宅営業やお客様ご自身も気づかないうちに、家族関係・夫婦関係・親子関係などの家族とのつながり方やリビングダイニング・それぞれの部屋での過ごし方が従来とは変化ししています。こうした変化に対応してこそ、お客様中心の住宅営業と […]

「何でもできます」「自由設計ですから」では「何も売れない」

「注文住宅」という言葉は、ある意味で誤解されたまま世に広まっています。お客様は、「自分が思うとおりに家を建てられる」と思われている部分があり、住宅会社・工務店も「自由設計ですから」と、お客様のご要望のままに設計・施工され […]

中高級住宅は、お客様中心の「時間の質」向上ビジネスへ

お客様にとっては、数ある住宅会社の住宅展示場や完成住まいの見学会に参加しても、従来通りの営業対応ではローコスト系の住宅と「価格の割には大差がない」ように伝わってしまっています。価格の割には大差がなく伝わってしまう原因と中 […]

「不満の解消」と「満足の向上」は似て非なるもの

日本は少子高齢化が進み、人口は急激に減少しています。つまり、住宅建築適齢期の人口も減少しているということです。さらに、空き家率の過去最高の更新や持ち家・賃貸住宅(ともに戸建て住宅・マンション)、リノベーション・リフォーム […]

住宅営業のご夫婦への対応のポイント

ご主人様が主導し、奥様は夫の意思に沿う夫婦関係は、現在は減少傾向にあります。家族や夫婦関係の在り方や家事・育児などの行動も変化しており、ご夫婦関係を見極めずに、従来の「ご主人様が家庭内権力者」として対応していると、ご夫婦 […]

受注のコツはスピード感

住宅営業が受注を獲得するためにはスピード感が大変重要です。住宅営業活動上のスピード感とはどういうことを指すのでしょうか。自社住宅の特長をお客様にご理解いただいて受注に向かう上で必要な、住宅営業の「スピード感」について考え […]