売れない住宅営業と売れる住宅営業の違い。売れる住宅営業になるために必要なこと。

自社住宅商品の性能/構造や設備/仕様など商品知識をしっかり身につけ、お客様にも一生懸命説明しているのに、なかなか受注に繋がらない住宅営業の特徴とその解決策を考えてみます。

Contents

売れない住宅営業の特徴

頑張っているのに売れないのは辛いものです。初回面談の成否が受注に大きく影響するのが住宅業界ですが、この初回面談時に間違った方向で頑張っているのが売れない原因です。

住宅性能や構造などの説明が大部分の説明をしている

お客様のご案内時に、住宅営業担当者が身につけている住宅商品知識を全て説明し、他の住宅よりも優位点を伝えると「住宅が売れる」と考えているのなら、それば間違いです。お客様が住宅性能や構造などのハード面に強い興味関心をお持ちの場合は別ですが、多くのお客様はハード面に強い関心をお持ちではないものです。お客様は、漠然とながらもご自身の新しい住まいに対する何らかの想いを持ってご来場されます。お客様の想いを無視して自社住宅商品の良さをわかってもらうために自分が伝えたいことばかりを説明ばかりする住宅営業は、「自分が知りたいことを教えてくれない営業」「興味がない話を延々と説明する営業」として敬遠されます。

お客様のことを知ろうとしない

お客様の資金、土地の有無などの住宅建築に関わる諸条件は、すべての住宅営業担当者が知りたいことだと思います。しかし、自社住宅商品に強い興味関心を持って受注につなげるためには、お客様の建築与条件よりも先に、どんなことに興味関心をお持ちなのかを知ることが大切なポイントです。人は自分が興味関心があることに関しては話したがりますし聴いてもらいたいものです。この内容が住宅営業担当者にとって知りたい内容でなかったとしても、しっかり話をお聴きしてお客様の内面を知ることに注力すべきです。

売れる住宅営業の特徴

売れる住宅営業は、売れない住宅営業の真逆とも言えます。

住宅の説明に終始しない

売れる住宅営業は、住宅を売るのではなくお客様の暮らしを売っています。「自分らしい家が欲しい」お客様には、「自分らしさ」がどういうことなのかを明確化/具体化していきます。

例えば、「家族団らんの場としてのキッチン」に関心をお持ちのお客様の場合、調理は誰がするのか(奥様とご主人様両名が調理するのか、お子様も調理に加わるのかetc)や買ってきた食材を置いた場合の広さや家族揃った時の位置関係などを再現していただき、お客様にとって最適なコミュニケーションキッチンのあり方を一緒に考えていきます。自社住宅商品に強い興味関心を持っていただくために、お客様の「自分らしさ」をまず最初に話題にして心を掴み、その後、住宅性能や構造の説明をします。

お客様の潜在的な想いを汲み取る

お客様が「こういう風にできますか?」とInstagramの画像をお見せくださるお客様もいらっしゃるように、ネット情報である程度情報収集し、「お気に入りのインテリア」「外観デザイン」などは、ある程度の想いをお持ちだと思います。また、「広いリビング」「収納をもっと広く」などプランに関わるご要望もお持ちかもしれません。このような想い/ご要望は感覚的に選択された情報や目の前の生活上のお困りごとの解消が主体であり、わかりやすい想いです。しかしながら、住宅を手に入れることによって実現できるコトというこれからの心豊かな暮らしへの想いは、全くと言っていいほど気づいていないのがお客様です。

家族の日常のささやかかもしれない「幸せなシーンがどういうものなのか」ということにお客様に気づいていただき、ご案内会場で疑似体感体験していただくと「ここではこういうコトができたらいいな」「ここは違うな、もっとこうしたらこんなこともできそうだな」という「実現したいコトへの想い」が出てきますので、この部分を拾い上げるのが売れる住宅営業の特徴です。

「どんな暮らしがしたいのか」を質問するのではなく「お客様に気づいていただくこと」がポイントです。

【参考記事】お客様の満足度・納得度が高くなる住宅営業とは

まとめ

自社住宅商品の性能/構造や設備/仕様など商品知識を一生懸命説明してばかりいても受注にはつながりません。売れる住宅営業になるためには、お客様の内面を知り、住宅ハードの一方的的な説明ではなく、お客様の潜在している想いを汲み取ることがポイントです。

ハウジングラボでは、お客様の「納得」と「満足」を高めて受注を獲得する住宅営業手法をご用意しています。新人でも短期間で修得可能な「いい暮らし実現営業」、他社従来営業とは大きく差別化した“この家が欲しい”を引き出すコミュニケーションができる「気づき共感営業」、ハイエンド層のお客様に対応可能な「暮らし触発営業」などす。また、住宅事業を安定継続/発展するための、「商品」「商品開発」「集客・マーケティング」「営業」「設計」「マネージメント」の分野からアプローチする注文住宅事業の「総合ビルドアップサポート」やコンパクトな工務店様・住宅会社様の住宅事業をサポートする「お役立ちLabo」をご用意しています。

是非ご活用ください。

■住宅コンサルティング
https://www.housing-labo.com/consulting
■住宅営業/マネージメント/住宅設計研修
https://www.housing-labo.com/training
■お役立ちLabo
https://www.housing-labo.com/onlinesupport

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
営業企画課長 眞田 智子

関連記事

「良い住宅なのに売れない」の解決策

「お客様の予算に合わせたプランでは納得してもらえないし、ご要望通りのプランだと高くなりすぎて失注する」、「良い住宅だからこその価格であることを理解していただけず、価格で他社に負ける」「暮らしやすい住宅なのに『検討します』 […]

「強い営業」より「伝わる営業」が受注できる

「一戸建て住宅を所有することが目的」であった時代から、現在は、「自分が住む住宅で楽しく暮らすことが目的」へと変化しています。こうしたお客様の思考や行動の変化に伴い、「お客様を引っ張り、時には多少の強引さを持つ強い営業」「 […]

『住まいづくりの主役はお客様』を実行できる住宅営業は売れる

『住まいづくりの主役はお客様』と聞くと当たり前で、住まいづくりに携わる方であれば誰しもが思っていることです。しかし、『住まいづくりの主役はお客様』の接客ができている営業担当者は意外と少なく、実践できている方はトップセール […]

「モノからコトへ」の住宅事業の新スタイル

景気は回復基調にありますが、目の前の集客が少ないとか、建設資材は上がり続けるとか、明暗が混ざった昨今の市況環境です。もう少し全体を俯瞰して考えてみると、自動車産業と同じように住宅産業も100年に一度の大変革期に差し掛かっ […]

新着記事

取得率100%が可能になる住宅展示場のアンケート取得方法

アンケート取得は営業活動を始めるのに欠かせないものです。アンケートにご記入いただけなければ、次のご案内も追客も何もできません。住宅展示場や見学会も少なくない投資がされて開催するのですから、来場された方からアンケートを取得 […]

女子力がポイント! 住宅展示場・見学会でのイベント企画で受注に直結させる

住宅展示場や完成住まいの見学会への新規来場者の大幅な増加は見込めない状況です。総合住宅展示場に来場さるお客様も以前は3~4軒程度の住宅展示場を観て回るのが普通でしたが、コロナ禍の影響で、事前に観る住宅展示場を絞りこんで来 […]

今の時代に求められる住宅営業の考え方

営業をしていく上で、様々なテクニックやスキルを身につけるのは大切ですが、それ以上に大切なのが「考え方」です。「なかなか結果が出ない」とお悩みの住宅営業担当者に取り入れていただきたい「今の時代に求められる住宅営業の考え方」 […]

【集客の悩み解決】今のお客様に効果的な集客対策

受注を獲得するためには集客することが必須ですが、受注につながるお客様が集まらない、集客数が少ないなど、悩みを抱えている方は少なくありません。今回は、集客の悩みを解決する「今のお客様」に最適な集客対策について考えてみます。 […]

住宅営業に「不向き」と感じた時の対処法

自身の営業成績が思うように上がらなかったり、お客様への対応が上手くいかなかったりすると、「自分は住宅営業に向いていないのではないか」と後ろ向きになることがあるかもしれません。人は悩み始めると狭いものの考え方になってしまい […]

集客力が上がらないのはなぜか?集客力を高めるポイント

「集客力を高めたい」とお考えの住宅会社/工務店が多いのではないでしょうか。集客力を高めるためには、今のお客様に興味を持っていただく内容での発信が必須です。これは、今までの住宅業界のスタンダードとは少し異なる内容ですが、こ […]