第一印象で差をつける営業の立ち居振る舞い

営業という仕事は、多くの場合お客様と一番初めに接する仕事ですので、お客様に最初に与える印象というものが非常に重要であることは言うまでもありません。
第一印象が良くないと、良い住宅を提供していても「この営業は信用できない」などの住宅とは関係ない「心象」を理由に話しすら聞いていただけないことも多々あります。
今回は、好印象を与える住宅営業の立ち居振る舞いについて考えてみます。

Contents

お客様に好印象を与えるコツ

初めて住宅営業と対面してからの7~90秒で、「話しても良い相手」かどうかを判断されるとも言われています。
いわゆる第一印象です。
自社での住まいづくりに前向きに向き合っていただけるよう初回面談を成功させるためには、お客様に良い印象を与えることが大切です。

好印象の基本は「笑顔」

笑顔は、お客様の警戒心や不安などマイナス感情を無くす効果があります。
「笑顔なんて基本でしょ」と思うかもしれませんが、客観的にみると意外と出来ていない人が多いものです。

自然な笑顔

テレビや動画などを見て、「作り笑顔だな」と感じたことはありませんか。
作り笑顔の原因は「目」にあります。
口角が上がっていると一見笑顔に見えますが、「目」が笑っていないと「作り笑顔」と感じられます。
作り笑顔は、お客様に「自分のことを客として迎えてくれていない」「居心地が良くない」など、ネガティブな感情を与えてしまい、ご案内時に共感を得られなかったり、反応がそっけなかったりなど、悪影響しかありません。
目でも笑うことがポイントです。

良い姿勢

姿勢が悪いと「やる気がない」「だらしない」などの印象を与えてしまいます。
逆に良い姿勢は「きちんとしている」「仕事ができそう」などの「信頼できる営業」という印象を与えます。
住宅展示場、完成住まいの見学会やお打ち合わせの時にお客様をお迎えする時の立ち姿、ご案内時の立ち姿、着座してご説明/打合せする際の座り姿を良い姿勢で保つ必要があります。

立ち姿

・下腹に力を入れ、背筋を伸ばし、アゴを引いて(目の真下に)胸を張ります。
内股に力を入れ、膝を合せて真っすぐに立ちます。
・そして全身の力を「スッ」と軽く抜きます。
硬直ではなく、柔らかくすっくと立ちます(天井から糸で頭を引っ張られるような感じで)。
・かかとをつけて、つま先を30~60度程度開きます。
・笑顔で目線は水平、手は体の前で組むのが基本です。

座り姿

・背もたれにもたれかからず、握りこぶし1つ分ほどあけて腰かけます。
・下腹に力を入れ、背筋を伸ばし、アゴを引いて(目の真下に)胸を張ります。
・膝の角度は90度が基本(イスの高さによります)。


男性
・膝を開く(握りこぶし2つ分程度)
・つま先とかかとの開く角度は、30~60度
女性
・膝をつける
・つま先とかかとはつける(開かない)

座り方はもう一つの基本動作です。
良い座り姿勢も身につけ、その姿勢を保つことが必須です。

傾聴

「自分の話を聴いてもらいたい」のがお客様です。
お客様が知りたいことを無視して住宅営業が伝えたいことだけを説明し続けたりすると、うんざりされたり、飽きられたりしてしまいます。
お客様に自社での住まいづくりを積極的に考えていただくためにも「聴く」ことは重要です。

聴くポイント

お客様からお話を出来るだけ多くお聴きするためのポイントは、「うなずき」、「キーワードメモ」、「表情」です。

・お客様が話される内容に対して、お客様の目を見て一つひとつしっかりとうなずきます。
・お客様からの情報に集中し、メモをあまりとらず記憶することが原則ですが、場合によってはポイントになる部分はキーワードメモを取ります。メモを取る場合も、重要ポイントは囲みを入れるなど、書き方のアクションでポイントを把握したことをお客様に伝えます。多色ボールペンの色を変えるアクションも有効です。
・お客様の真意やお考えの基になっている価値観や判断基準などが理解出来た場合は、「パッと明るい」表情を作り、「理解しました」ということをしっかりとお伝えします。
・お客様が話される内容が楽しい話題の時は楽しそうにお聴きし、困りごとなどのマイナス要素の内容の時は、お客様と「困っている」「それは大変ですね」という表情でお聴きする。
・お客様への質問が思いついたり、住宅営業自身が発言したくなっても、お客様の話を最後までしっかりとお聴きした後に発言します。

住宅営業が伝えたいことを伝える前に「お聴きする」姿勢をお見せすると、お客様には住宅営業からの情報を受け容れる余裕が生まれます。

距離

初対面でご挨拶する時、ご案内時など、お客様と接する時には、お客様との距離が大きく影響します。
お客様にストレスを与えず、親しみを持って自社での住まいづくりに関心を寄せていただく距離を保つことが大切です。

接客時の基本の距離

初対面
極初期段階にいいては、1.5mほどの距離をとり、お客様に圧迫感や警戒心を与えないようにします。

・接客時(初期段階)
1~1.5mの距離が基本で、接客を進める中でお客様の様子を見ながら距離を調整します。
お客様と住宅営業双方で会話が聴き取れるが、あまり馴れ馴れしくなり過ぎない距離です。

・接客時(ご案内時)
笑顔での接客などでお客様の緊張感がほぐれた状態になれば、1mに近い下限の距離をとり、コミュニケーションがとりやすい距離を保ちます。

まとめ

お客様に良い印象を与えるた地位振る舞いは、ビジネスマナーの基本の一つでもあります。
ご自身では「できている」と思っていても、客観的に見ると出来ていない場合がありますので、鏡の前、上司や同僚など他の人の前で練習してチェックしたり、練習の様子を撮影してチェックしたりすることをおすすめします。

ハウジングラボでは、お客様の「納得」と「満足」を高めて標準6週間で受注を獲得する住宅営業手法をご用意しています。新人でも短期間で修得可能な「いい暮らし実現営業」、他社従来営業とは大きく差別化した“この家が欲しい”を引き出すコミュニケーションができる「気づき共感営業」、ハイエンド層のお客様に対応可能な「暮らし触発営業」などです。また、住宅会社様が、安定継続/発展するための、「商品」「商品開発」「集客・マーケティング」「営業」「設計」「マネージメント」など、注文住宅事業「総合ビルドアップサポート」から、コンパクトな工務店様の住宅事業を営業ツール面からサポートする「お役立ちLabo」サポートまでをご用意しています。

是非ご活用ください。

■住宅コンサルティング
https://www.housing-labo.com/consulting
■住宅営業/マネージメント/住宅設計研修
https://www.housing-labo.com/training
■お役立ちLabo
https://www.housing-labo.com/onlinesupport

《執筆者》
株式会社ハウジングラボ
営業企画課長 眞田 智子

関連記事

【住宅営業の基本 | ご案内編】住宅展示場や見学会は営業がリードすると受注に近づく

住宅展示場や完成住まいの見学会などでお客様をご案内する際、「実際にお客様が住むとして」という視点で観る・使ってみるなどの体感をしていただき、そして、広さや高さなどの使用感に加え、お客様ご自身が実現したい暮らしにはどのよう […]

【住宅営業の基本 | 着座ポジショニング編】住宅営業が座る適切な位置

ポジショニングとは、お客様に対する住宅営業の位置取りのことです。適切なポジショニングによって下記のようなメリットがあり、受注に良い影響を及ぼします。 1.お客様のお考え、想い、価値観を感じとることができ理解できます。2. […]

【住宅営業の基本 | ポジショニング編】お客様との正しい距離とは

お客様が住宅展示場や完成住まいの見学会にご来場され、初対面でご挨拶する時、ご案内時など、お客様と接する時には、お客様との距離が大きく影響します。お客様との距離には、「物理的距離」と「精神的距離」の2種類があります。今回は […]

【住宅営業の基本 | 視線編】目を見て話す住宅営業のメリット

住宅営業に限らず、全ての業種の営業担当者はもちろん、日常生活においても、相手の目を見て話すことがマナーであると認識されています。目を合わさず視線が泳いでいる人と会話した時に、挙動不審に見えたり、何で目を見て話さないのかな […]

【住宅営業の基本 | 聴き方編】「聴く」と「聞く」では大違い。身につけるべき「聴き方」とは

「聴く」と「聞く」の違いをご存知でしょうか。辞書によると、「聴」・・・耳でとらえて知る「聞」・・・音声を耳に感じとるとあります。つまり、住宅営業の場合で言うと、お客様に真摯に向き合い理解しようと集中して聴くのか、住宅営業 […]

【住宅営業の基本 | 話し方編】ご案内内容より先に身につけるべきは話すスピードや声のトーン

住宅展示場や完成住まいの見学会など、お客様をお迎えする初回面談は、受注成否の80%を握るほど重要な場面です。ご案内時の内容も重要ですが、それ以前に、お客様に「信頼に値する住宅営業」と認めていただけなければ、どんなに素晴ら […]

【住宅営業の基本 | 姿勢編】お客様に好印象を与える姿勢とは

前回は「【住宅営業の基本 笑顔編】信頼を得る住宅営業の佇まいを身につける方法」をご紹介しました。今回は、その続編の「姿勢」についてです。お客様との応対の際に、笑顔や話し方などが完璧であっても、姿勢が悪いと「やる気がない」 […]

【住宅営業の基本 | 笑顔編】信頼を得る佇まいを身につける方法

住宅営業に限らず、営業という職種は第一印象が大切です。お客様は、住宅営業と初めて対面してからの7~90秒で、「話しても良い相手」かどうかを判断されるとも言われています。住宅営業の印象が悪ければ、ご案内時の内容がどれだけ素 […]

新着記事

ハウスメーカー・住宅会社・工務店集客数減少 → 受注棟数減少の解決策

住宅展示場協議会と住宅生産振興財団が発表した2024年2月の住宅展示場の来場者組数は、対前年同月比2.7%増の24万9423組とのことです。2024年1月の減少から増加へと転じましたが、様々な理由で、従来通りの集客数は見 […]

【住宅営業のコツ】値引きせずに新築住宅を受注するコツ

お客様から値引きを匂わされたら応じなければならないと思っていませんか。値引きしなくても受注出来る住宅営業のポイントをお伝えします。 「お客様の予算枠に金額を合せないと受注できない」「失注するくらいなら、多少値引きしてでも […]

初回プラン提示でお客様の納得を得るプレゼンテーション―②

初回のプラン提示でお客様にご納得いただく為のプレゼンテーションについて、前回は、何故お客様に初回のプラン提示でのプレゼンテーションがご納得いただきにくいのかについてと、お客様に伝わりやすいプレゼンテーション資料の見え方に […]

受注歩留まり率を高める住宅営業とは

「なかなか受注ができない」と日々あの手この手と対策を考えながら営業活動をしているかと思います。数多くのお客様に営業活動をして、その中から反応の良いお客様の受注を目指すのは、人口減少の時代には厳しい方法です。また、エンドユ […]

住宅営業の初回接客品質向上のポイント

住宅展示場や完成住まいの見学会などでの初回接客は、受注成否の80%に影響すると言われるほど重要です。住宅は、高額商品なため購入するかどうかの決定には慎重になるのが当然なうえ、物価上昇率に給与所得の上昇率が追いついていない […]

【競合対策の基本①】他社の悪口はタブー

住宅営業を進める上で必ずと言っていいほど存在する競合他社への対策は、受注を獲得するためには重要な対策のひとつです。しかしながら、間違った対策を打つと自分(自社)の信頼を失ってしまう危険があります。お客様は、その話をどのよ […]